菊池雄星の穴を埋めるのは誰だ!?

菊池雄星

本日は、優勝パレードと2018年のファン感謝祭でしたね。

ファン感謝際の中で、菊池のメジャー挑戦を応援すべく、ステージ上では、DA PUMPのU.S.Aに合わせ、榎田、源田、岡田、野田、山田で構成された 田 PUMPによるダンスが披露されましたね。

キレキレ?グダグダ? 西武源田、榎田らが「USA」ダンスで菊池を惜別
10年ぶりにパ・リーグ優勝を果たした西武は23日、本拠地メットライフドームで「ライオンズサンクスフェスタ2018」を開催し、多くのファンが集まり盛況のままに終わった。パ・リーグTVでもこの模様を動画で公開しており、爆笑シーンなどを見られるようになっている。

先発投手の柱としてチームを支えてきてくれた菊池雄星。来年、彼の穴をいかにして、誰が埋めていくのでしょうか?

過去3年間のライオンズ投手陣の投球回数

菊池は過去3年間、12勝7敗、16勝6敗、14勝4敗と、大きな貯金を作り、チームに貢献してくれました。また、菊池はエースとして、カードの頭を任され、相手チームのエースと投げ合ってのこの成績ですから、とても立派です。

勝ち数の観点から言うと、単純に菊池が挙げてきた十数勝だけではなく、例えば、来年多和田と今井がそれぞれカードの頭を投げることになるとすると、今年と同じ数の勝ち星を挙げられるのか?と話が難しくなるので、ここでは投球回数の観点で考えてみたいと思います。

2016年

2016年、菊池はチーム1位の143イニングを投げていますね。

そして、先発投手陣は投球イニング数順に、

菊池、岸、髙橋光、野上、多和田、十亀です。

6人の合計は597イニング。

2017年

2017年、この年も菊池はチーム1位の187 2/3イニングを投げていますね。

圧倒的な投球イニング数です。

そして、先発投手陣は投球イニング数順に、

菊池、野上、ウルフ、十亀、多和田、岡本洋です。

6人の合計は734イニング。

2018年

今年も菊池はチーム2位ながらも、163 2/3イニングを投げていますね。

そして、上位に並ぶ、先発投手陣は、投球イニング数順に、

多和田、菊池、榎田、十亀、今井、カスティーヨ、ウルフです。

7人の合計は812イニング。

そして2019年…

振り返ってみると、2017年シーズンは、岸が抜け、また髙橋光の投球イニング数が減りますが、ウルフ、岡本洋の頑張りや、佐野の台頭によりカバーし、チームは3年ぶりのAクラスになっています。

また、2018年シーズンは、野上、岡本洋が抜けるものの、岡本とのトレードで加入した榎田や、新入団のカスティーヨ、そして今井がカバーし、チームは10年ぶりの優勝を果たしています。

2019年シーズン、菊池が抜けた分をカバーする候補としては、

・松本航、渡邉【新人】

一軍の先発ローテーションで回れるかはまだ未知数ですが、ローテーション定着・多和田1年目の成績を目指し、二人で100イニングを投げてくれればありがたいです。

・ニール【新外人】

ただし、ヒース、マーティンは基本的に一軍での出場になることが予想されるので、投手として一軍登録できる外国人は残り1人。ウルフ、カスティーヨ、郭、そしてニール。この中から調子をみてやりくりしていくのでしょう。この4人で150イニング(6イニング×25試合)投げてくれれば良いでしょう。

・今井【エースへ】

今年はシーズン途中からの出場で78 2/3イニングでした。来年はシーズンを通して投げることができれば、140イニングほど(60イニングの積増し)行けるのではないでしょうか。

・髙橋光【覚醒】

入団2年目には118イニングを投げています。ケガが癒え、フォームを安定させ、覚醒を期待します。

・伊藤【進化】

今シーズン、優勝が決まってから1度先発登板がありました。中継ぎでもそうですが、3〜4イニングは球威、コントロールよく、いいピッチングができているので、スタミナをつければ、大化けする可能性があると思っています。まだ19歳で、将来が楽しみな選手です。

・齊藤大、高木【オーストラリアでの成長】

二人は、本日の優勝パレードやファン感謝デーに参加することなく、オーストラリアでのウィンターリーグに参加しています。今年の悔しさをバネに、来年こそは結果を残して欲しいです。

・金子千尋【サプライズ加入】

「ものすごい打線の援護を受ける中で投げられて嬉しいです。」なんて言って、ライオンズに移籍してきてくれたら最高。年齢もそれなりになってきていますが、100イニング程度は少なくても投げてくれそう。(まあ、来ないだろうけど。)

 

というわけで、2019年、菊池の穴を埋めるための先発ローテーションは、

・多和田:160イニング

・今井:140イニング

・榎田:120イニング

・十亀:120イニング

・松本航:100イニング

・外人枠:150イニング(ウルフ、カスティーヨ、郭、ニールの合計)

→合計:790イニング

うん、これで行けそうですね。

ただ、日本人投手5人がケガ、不調なくシーズンを戦い抜くことは難しいと思うので、そんな時に、髙橋光、伊藤、齊藤大、高木らが補完できると強いチームになって行けます。欲を言えば、普段は今年のホークスの石川や武田のように、ロングリリーフができるピッチャーになってくれればなお良しです。

あまりに理想が過ぎるかもしれませんが、一人ひとりを見ると、それほど無謀な目標設定でもないです(新人には期待しすぎ?)。今年だけでなく、来年以降も継続して優勝できるよう、今年課題と言われ続けた投手陣の成長に期待します。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 越後獅子 19 ファンクラブ会員 より:

     私なりの期待ですが

     無理に多和田、榎田にはこれ以上の上積みは厳しい。となると、今井に+5、高橋光+5、外人枠で8勝、松本5勝、高木4勝そこは無謀ですが期待したいです。

     無茶苦茶ですみません。でも高木には4勝はしてほしい、ルーキーにはあまり気負わせたくないし、あと期待できるのはこんなところくらいかな
    それと勝利の方程式を2つ作れないかなと思う
    それにより、投手の疲労を軽減させる、こんなことくらいです

    • whitelions10 より:

      コメントありがとうございます。
      本記事で勝ち星については敢えて触れませんでしたが、私も多和田、榎田が今年以上勝つのは
      難しいかなと思います。今井+5は割と現実的かと思いますが、髙橋光+5、松本+5は開けてみない
      と分からないですね。高木勇は年間通して先発で投げれば4勝はできるのではと思っています。

      勝利の方程式は、マーティン、ヒースが昨年同様の働きをしてくれれば、
      7回増田、8回マーティン、9回ヒースと繋げそうです。
      (個人的には、平井は入団から2年連続でかなりの試合に登板しているので、
        来年はセーブしながら起用できるといいなと思います。)

  2. 19 越後獅子 ファンクラブ会員 より:

    その通りですね。ちょっと光成に関しては期待をかけすぎかもしれません。でも13番の重み、これを背負って頑張ってもらいたいです。それと松本には?としておきます。ルーキーですから。
     ただ西武が投手力が弱いとはいえ、だれか忘れているようなと思ったら十亀を忘れてました。2017年くらい勝ってほしいです。その為には岡田とのコンビを復活させるそしてFAさせないよう球団、ファンが努力するしかないですね。