FAとは? 浅村のFA権取得までの道のり。

FA

ライオンズのキャプテン浅村栄斗が今オフ、国内FA権を取得しました。

他球団へ移籍してしまうのではないかと、怯える日々が続いているのですが、「そもそもFA権はどうやったら取得できるのか?1軍に一定期間いれば、FA権が取得できるんだよね。」や「FA移籍した際の人的補償や補償金はどうやって決まるの?」といったことを知っているようで、ちゃんと分かっていなかったので、調べてまとめてみました。

FA権はどうやったら取得できるの?

FAとは「Free Agent:フリーエージェント」を指しており、いずれの球団とも自由に契約調整ができ、契約を締結できる権利を持つ選手のことを指すらしいです。Free:自由な、Agent:行為者 ということなのでしょう。

FA権の行使(FA宣言)は、日本シリーズ終了の翌日から、土日祝日を除く7日以内にコミッショナー宛てで文書を提出することで行う。8日目にコミッショナーから公示され、9日目から他球団との契約交渉が可能となります。

FAには、「国内FA」と「海外FA」の2種類があり、

国内FA権取得:8シーズン分の出場選手登録(一軍登録)が必要

海外FA権取得:9シーズン分の出場選手登録(一軍登録)が必要

とのこと。

ここで、1シーズン分の一軍登録って、何日分なの?ということですが、145日を1年として換算するようです。1ヶ月が30日と考えると、約5ヶ月分ですね(30日×5ヶ月=150日)。

なので、3月末に開幕して、10月上旬までで6ヶ月半程度がレギュラーシーズンなので、だいたい1ヶ月ちょいの抹消期間であれば、1シーズン分になるということですね。

また、一軍登録が145日に満たないシーズンが複数年ある場合には、合算して145日ごとに1年として計算するようです。

ちなみに、クライマックスシリーズ(CS)での登録日数もカウントされるようです。

FA移籍した際の人的補償や補償金は?

FAの話がでるとセットで話に挙がるのが人的補償や補償金の話です。

FA移籍する選手が、補償対象選手となるかどうかは、年俸によります。

FA移籍する選手が所属する球団の日本人選手を年俸順に並べ、1位〜3位の3選手をランクA、4位〜10位の7選手をランクB、11位以下の選手をランクCと位置付けます。

そして、それぞれのランク毎に、人的補償、金銭補償が決まります。

ランクA ランクB ランクC
人的補償 対象 対象
金銭補償 <人的補償なし>

年俸の80%の金額

<人的補償あり>

年俸の50%の金額

<人的補償なし>

年俸の60%の金額

<人的補償あり>

年俸の40%の金額

浅村栄斗のFA権取得までの道のり

浅村は2008年にドラフト3位でライオンズに入団し、入団2年目の2010年に初の1軍登録、初出場を果たしています。

2010年以降の出場試合数は以下の表の通りです(1軍登録が何日かは調べても分かりませんでした。)

年度 出場試合数 備考
2010 30
2011 137
2012 114 打撃不振による抹消期間あり。
2013 144(全試合)
2014 118 ライト木村と接触し負傷。怪我による抹消期間あり。
2015 141
2016 143(全試合)
2017 143(全試合)
2018 143(全試合)

2011、2013、2015〜2018年の6年間で、6シーズン分、

2010、2012、2014年の3年間分を合算して、2シーズン分、

よって一軍登録期間が8シーズン分になっていますね。

 

2012年は、1番浅村、2番秋山の攻撃的1、2番を組んだり、

超アグレッシブな西武の1、2番コンビ。浅村と秋山はCSで爆発するか?(氏原英明)
そのデータが今季の混戦パ・リーグを象徴していたのかもしれない。レギュラーシーズンのあるデータを見ていると、ひとつ気になった点があった。

2013年に4番を張り、最年少で打点王を獲得したり、

西武・浅村は、なぜ打点王になれたのか? | 野球界に見る 凡才がトップに登り詰める方法
超一流選手になりたい――。2008年、ドラフト3位で大阪桐蔭高校から埼玉西武ライオンズに入団した浅村栄斗は、スケールの大きな目標を持ってバットを振り続けてきた。プロ入り5年目の2013年、王貞治、松井秀喜ら…

2016年以降は3年連続で全試合に出場したり、

常にライオンズの主力選手として活躍してくれました。

こんな記事を書いていますが、浅村とお別れするつもりもありませんし、絶対にライオンズに残って欲しいと思っています。渡辺久信GM、チームに残ってもらえるようよい交渉をお願いします。

コメント