文化放送ルーキーインタビューまとめ(松本航&渡邉勇太朗編)

2019シーズン

今週は「文化放送 ライオンズエクスプレス」にてルーキーインタビューが企画されており、月曜:松本航、火曜:渡邉勇太朗、水曜(本日):山野辺翔と、ドラフト順位順にインタビューが放送されました。

タイムラグがあり恐縮ですが、松本、渡邉両投手のインタビューをまとめます。

(サマライズしているので、一言一句発言の通りではない点ご了承ください。)

松本航インタビュー(インタビュアー:槇嶋アナ)
・プロの雰囲気、生活になれてきた。
・ブルペン投球での感覚はまだしっくり来ないところもある。
・ストレートについては球質・回転数を求めて伸ばしていきたい。
・キャンプA班に選ばれ緊張感が増した。気を引き締めてやっていきたい。
・高校ではただ野球をやっていただけ。大学では頭を使って野球をして、伸びたと考えている。
・練習メニューも自分で考えてやることもあり、自分に合った練習を考えた。
・教育実習で母校に行った。高校生がむしゃらに、必死にやっているのがいいと思った。
・教壇に立って教えるのは大変。体育はよかったが保健の座学の方は、50分の中の時間配分、伝えたいことをうまく伝えるのが大変だった。生徒は比較的話を聞いてくれたと思う。
・高校生活は将来を決める上でも大事な時期なので、高校生には今頑張っていることにしっかり取り組んでほしい。
・自分が高校3年生のときにはプロになれるとは思っていなかった。大学では教員免許もとれるので、そちらの道に進むのもいいかなと考えていた。1位で選んでもらってプロ野球選手になっているイメージはなかった。
・まずはキャンプで体をしっかり作って、1年間戦力になれるように頑張りたい。
・ストレートが持ち味なので、しっかりとストレートを投げ込めるように頑張る。
渡邉勇太朗インタビュー(インタビュアー:飯塚アナ)
・自主トレ初日は緊張して疲れを感じたが、以降はすごく充実している。
・練習は量より質重視で、いい練習ができてる。
・今の疲れはまあまあ。練習は高校の時より今のほうが楽。
・浦学を出たら、それよりキツいことがないと言われるくらい練習をこなしてきたので、自信がある。
・入寮時に持参した抱き枕は中2から使っている。高校の寮でも、また今でも使っている。
・横向きで膝を曲げて、抱き枕を抱えて一緒に寝ている。
・中学3年間で身長が22cm伸びた。166cmから188cmになった。成長痛もなかった。
・渡邉が投げれば大丈夫だと絶対的な信頼を得られる投手になりたい
・憧れは大谷翔平投手。新入団選手発表会でのモノマネの出来は100点だった。
・大谷投手の力感のないフォーム、バランスのよさ、頭の位置を変えずにスムーズな体重移動をして投球できるのがすごいと感じている。
・自分は技術的にも体的にもまだなので、じっくり厳しいプロの世界で揉まれながら鍛練していきたい。
・パ・リーグには同じ高卒の藤原恭大(ロッテ)、吉田輝星(日本ハム)がいて、彼らのニュースを見て刺激を受けている。
・藤原は優しくて特徴がないところが特徴だと思う。温厚な普通の人。甲子園ではホームラン打たれてるので、完璧に押さえたい。甲子園では三振をとれていないので。
・吉田はストレートが一級品だと思う。力強さ、伸びともにプロトップレベルなのでは。自分もそうなりたい。
・高卒で、これだけ若い背番号を貰えると思っていなかった。期待の表れと思ってその期待応えられるように頑張りたい。

 

インタビューを聞いた二人の印象は落ち着いていて、受け答えもしっかりしゃべれる選手かなと。初のお立ち台でもしっかり話すことが出来そうで、将来が楽しみです。二人とも今シーズンプロ初勝利を挙げ、お立ち台に上がってほしいですね。

 

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント