本日もホークスとのオープン戦、将来のエースと期待される今井の投球に注目の一戦(3月6日)

2019シーズン

今日は試合全体を観ることが出来ていないため、今井のピッチングに絞って書きたいと思います。

 

【1回表】

牧原:ストレートが2球高めに外れ2-0となった後、またも高めに行ったストレートを捉えられ先頭打者ホームランを浴びる…見逃せばボール球だが、おきにいったところを打たれてしまう。

今宮:ストレート2球(149km/h、150km/h)で追い込んだ後の3球目、低めのスライダーを打たれレフト線へのツーベース。無死2塁。

柳田:インコースのボールをやや詰まらせサードゴロに打ち取るも中村の送球がややそれ1塁はセーフ。記録はサードエラー。無死1,2塁。

グラシアル:ストレートを2球続けて、高めで詰まらせるもライトへのポテンヒットで無死満塁..ストレート中心の攻めだが、高めにいっていて厳しい。無死満塁。

中村:初球、これまたストレートが高めにいってしまったが、ファーストゴロに抑える。山川が軽快に捌きホームでアウト。1死満塁。

内川:初球はスライダーでストライク。ここで組み立てが変わったか。その後はアウトローにストレートを2球続け、空振り三振。三振を取った球は152km/hで力があるナイスボール。2死満塁。

松田:ストレート、スライダー、ストレートの組み立てで空振り三振。松田に対しては151km/hのストレートで三振を奪う。チェンジ。

今井は昨年からフォームを変えてきていますね。やや二段モーション気味に変わっています。

 

【2回裏】

上林:初球の外のストレートで打ち取りセカンドゴロ。1死。

高谷:ストレート、スライダーともに低めに集まってきたが、フルカウントから四球。相手打者が高谷だけにもったいない四球。1死1塁。

牧原:第二打席は初球スライダーから入ってカウントを稼いだ後、2球目の高めのストレートで押し込み、平凡なレフトフライに抑える。2死1塁。

今宮:今宮に対してはストレート、変化球ともにやや浮いてしまい、フルカウントから四球を与える。ここも次打者が柳田であることを考えると要らない四球。2死1,2塁。

柳田:柳田の3球目、セカンドランナーの高谷の第2リードが大きいところを森が見逃さず牽制でアウトにする。チェンジ。

 

【3回裏】

柳田:1-1から真ん中よりのストレートで打ち取りレフトフライ。もう少しコースに行って欲しい。1死。

グラシアル:初球のスライダーを捉えられレフト前ヒット。1死1塁。

中村:インローストレート、アウトローストレートで2球見逃しを奪い追い込むと、今日初(?)のチェンジアップを投じる。この球も低めの良いコースに行くも中村はカットで逃げる。その後、ストレートを1球は挟んだ後に、カーブを投じ空振り三振に抑える。2死1塁。

内川:ストレートのいいコースに投げ切れたが、内川にうまく打たれ右中間へのタイムリーツーベースを浴びる。2点目を失い、なお2死2塁。

松田:外角のスライダーでタイミングを外し、センターへの大きなフライ。チェンジ。

 

【4回裏】

上林:2球目の外角高めのストレートで打ち取りセカンドゴロ。1死。

高谷:高谷には第一打席に続きスライダー中心で攻めて追い込み、最後はインコースからのバックドア(ストレート)で空振り三振に仕留める。2死。

牧原:チェンジアップ、ストレートと2球見逃しで簡単に追い込むと、3球目のワンバウンドするスライダーを振らせ空振り三振に仕留める。チェンジ。

 

【5回裏】

今宮:3-2から少々粘られるも、最後はカーブでタイミングを外すも判定はボールで四球。無死1塁。

柳田:セカンドゴロゲッツーかと思われた打球がランナーに当たったようで方向が変わり山野辺が取れず、ヒットに。ランナーに当たっていない整理となったため守備妨害とはならず。無死1,3塁。

グラシアル:ストレート中心で追い込み、低めのスライダーで打ち取りサードゴロ。中村がゴロを捕球後ホームに送球しタッチアウト、1死1,2塁。

中村:インコースのストレートで打ち取りライトへの犠牲フライ。2死1,2塁。

内川:高めのストレートを内川らしい打ち方で弾き返し、ライト前タイムリー、なおも2死1,2塁。

松田:やや真ん中のストレートを捉えられセンター前タイムリーかと思ったが、源田がナイスキャッチした後にセカンドベース上の山野辺にトスしフォースアウト。チェンジ。

 

本日の今井は5回89球を投げ、被安打6与四球、3失点。また、5奪三振という内容でした。

球種の内訳は

・ストレート 61球(68.5%)

・スライダー 12球(13.4%)

・カーブ 8球(8.9%)

・チェンジアップ 8球(8.9%)   でした。

 

オープン戦で試していることがあるのかもしれませんが、昨年と比べストレートの比率がかなり高まっていますね。

(以下は、昨年のレギュラーシーズン最終登板時の球種比率です。)

2018年9月29日 埼玉西武 vs 福岡ソフトバンク 24回戦
この日は、木曜から始まったホークスとの3連戦の3戦目で、土曜日の試合、ホーム最終戦、勝てば優勝が決まるという試合でもあったため、メットライフドームは超満員となりました。 今年は、チームの調子も良く観客動員数も順調に伸びており、優勝チケ...

 

とても良い出来というわけでもなかったですが、ストレート中心で押せたところや、所々低めにいいストレートが決まっていたのはよかったです。辻監督的にも本日の投球を見て先発ローテーションに入るとコメントされているそうです(消去法的にも今井はローテに入りますよね)。

課題も見えたと思うので、開幕まで、あるいは開幕後も含めて課題に取り組み、もっと良いピッチングが出来るようになってもらいたいですね。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 越後獅子 19 ファンクラフ会員 より:

    昨日は、立ち上がりでした。光成もそうですが

    しかし、初回の無死満塁あそこを0点で抑えたこと。我慢できました。ここは褒めたいです。打線はもう少し待ちましょう。メットライフのあたりからどう出てくるか

     いよいよ岡田が昇格。でもこれでいいと思います。森が軸には変わりありませんが、シーズン通しては無理、必ず休養は必要ですから

     多和田を信じて開幕を待ちます。そりゃ痛すぎますが、どこも今年は主軸が開幕戦に出れないケースが多いです。内海。榎田が帰ってくるまで、5割で入れるかどうか。
     
     それでも厳しいと思います。奇跡を信じてライオンズを応援します