今日は宿敵ホークスとのオープン戦。内容だけではなく勝敗に拘って、結果勝ちたいところ。(3月5日)

2019シーズン

本日は、ヤフオクドームでのホークス戦のナイター試合。

開幕3連戦がヤフオクドームでのホークス戦となることから、試合内容もさることながら、ファンとしては勝ち負けにも拘って欲しいと思います。

多和田の扁桃腺での発熱と、内海の左腕前腕の肉離れにより先発ローテーションの再編が必要となる可能性があるため、本日先発の髙橋光には結果を残してもらいたいところ。

また、本日より栗山・中村のベテラン勢がA班に合流し、早速スタメン出場するので、二人の働きにも注目です。

試合経過

<投手:武田>

【1回表】

金子:低めのカーブに手を出し空振り三振。1死。

源田:2球目のファーストストライクを振り抜きセンター前ヒット。1死1塁。

秋山:初球を逆方向へ。レフト前ヒット。1死1,2塁。

山川:低めの小さなスライダーを打ち上げセカンドへのフライ。2死1,2塁。

森:低めのカーブを打ってライト前タイムリーヒット。カーブを狙っていたわけではなさそうであるが、上手く反応できた。森は対応力があるため、急速差が大きいカーブには上手く対応できる。

西武 1-0 ソフトバンク、2死1,2塁。

外崎:高めに抜けてきたスライダーに空振り三振。見逃せばボールのため、バットが止まると良いのだが。チェンジ。

 

<投手:髙橋光>

【1回裏】

上林:高めのストレートに手を出させサードへのファールフライ。菊池に弟子入りし、投球フォームを変えてきた髙橋光。右足でバランスよく立てている気がする。1死。

牧原:外を狙うも中に入ったストレートを捉えられ、右中間へのスリーベース。1死3塁。

柳田:2球目の真ん中低めのスライダーを拾われ右中間へのホームラン。なお1球目はストレートが150km/h出ており、悪くはなさそう。

西武 1-2 ソフトバンク。1死。

グラシアル:高めのボール球のストレートを打たれ、ライト前ヒット。1死1塁。

中村:初球の高めのストレートで打ち取りレフトフライ。初回、ストレートが高めに浮いている。まだ力があるので打ち取れているが、回を追うごとに高めは捉えられるようになるので、腕を振って低めに投げることを意識してほしい。2死1塁。

内川:インコース中心でファールを打たせて追い込み、最後は外のスライダーでショートゴロに打ち取り、チェンジ。

 

【2回裏】

栗山:オープン戦初出場。インコースのスライダーにつまってファーストゴロ。1死。

中村:中村もオープン戦初出場。インコース中心で追い込まれ、最後は外へのスライダーに見逃し三振。2死。

木村:低めのカーブを打つもバットの先でキャッチャーゴロ。3死。

 

【2回裏】

松田:フォーク連投、空振り・ファールで追い込み最後は外へナイスボール。セカンドゴロで1死。

甲斐:インコースのストレートで詰まらせるもライトへのポテンヒット。これは仕方ないのでこの後の下位打線をしっかり抑えられるかがポイント。1死1塁。

今宮:スライダーを引っ掛けさせ5-4-3のダブルプレー。チェンジ。

イニング中に森のインタビューが流れたが、森は髙橋光について、真っ直ぐに力が出てきてコントロールもよくなったと言っていたらしい。やはり今年は期待できそう。

 

【3回表】

金子侑:高めから入ってくるカーブを上手くうちレフト戦への2ベース。甘いコースだったので、上手く反応できた。無死2塁。

源田:2ストライクから外のストレートを逆らわずに上手く打ってレフト前ヒット。追い込んでから右方向への進塁打を打たせまいという意図を持って相手投手がアウトコースに投げてくるのを読み切ったかのような打撃。無死1,3塁。

秋山:低めのカーブを打ってファーストゴロ。その間に金子がホームに帰り得点。金子はナイススタート。

西武 2-2 ソフトバンク。1死2塁。

山川:外のスライダー、バットの先だったため大きなセンターフライ。調子がよければ右中間へのホームランとなっていそうな球だった。なお、犠牲フライとなり、2死3塁。

森:追い込まれてから甘く入ったストレートを捉えレフト前タイムリー。

西武 3-2 ソフトバンク。2死1塁。

外崎:追い込まれてからインハイの難しいストレートを弾き返しセンター前ヒット。2死1,2塁。

栗山:追い込まれてから粘って、最後は甘いスライダーを捉え、センターバックスクリーンへの3ランホームラン。栗山は今年も健在!

西武 6-2 ソフトバンク。2死。

中村:カーブにタイミングを外されセンターフライ。

 

【3回裏】

上林:初球のスライダーでタイミングを外しファーストフライ。

牧原:外のストレートで打ち取りセカンドゴロ、2死。

柳田:ストレートのフォアボール。まあ相手が柳田なので下手に勝負して打たれるならフォアボールの方がマシかもしれないが、オープン戦なので対戦して抑える姿をみたかった。2死1塁。

グラシアル:インコースのストレートで詰まらせ平凡なレフトフライ。チェンジ。

 

<投手:武田→中田>

【4回表】

木村:甘めのフォークだがタイミングを外され、ファーストフライ。1死。

金子侑:1-1からセーフティを試み、結果はファールだがいい取り組みだと思う。追い込まれてからアウトコース低めの難しいボールを拾いレフト前ヒット。1死1塁。

源田:2-1から金子が盗塁を試みるも甲斐キャノンの前にタッチアウト。もしかするとヒットエンドランだったかも。結局、源田もファーストゴロに倒れ、チェンジ。

 

【4回裏】

中村:スライダー2球で簡単に追い込むも、その後決め球が決まらず3-2となった後、高めのストレートでレフトフライ。ちょっと危ない球だった。1死。

内川:スライダー2球見逃しで追い込んだ後、3球勝負インコースストレートで見逃し三振かと思ったが判定はボール、その後2-2となった後にインコースストレートで詰まらせるもセンター前ポテンヒット。やや球が高いため外野まで運ばれてしまう。1死1塁。

松田:フォークがワンバウンドになったタイミングで内川が2塁への進塁を伺うも、森がいい送球を送りタッチアウト。最後はインコースを詰まらせファーストフライに。チェンジ。

髙橋光はインコースにしっかり投げ切れており、いいピッチングができていると思う。

 

【5回表】

秋山:ファーストストライクのカーブを打ってファーストゴロ。1死。

山川:外の緩いカーブを打ってレフト前への強烈なヒット。これでライオンズ二桁安打。1死1塁。

森:低めのフォークを上手く打つも打球はレフト正面。レフトフライで2死1塁。

外崎:一度もバットを振らず四球を選ぶ。2死1,2塁。

栗山:3-1から高めのボールを捉えきれずサードへのファールフライ。チェンジ。

 

【5回裏】

髙橋光は5イニング目に入ります。なお、4回までの投球数は62。

甲斐:フォークが抜け四球を与えてしまう。イングの先頭、下位打線だけに勿体ない。無死1塁。

今宮:追い込んでから甘いフォークを打たれレフト前ヒット。無死1,2塁。

上林:内スライダー、外ストレートと2球連続空振りで追い込むと、3球勝負の3球目はインコースへのバックドアストレート。ややシュート回転するストレートがいいところに決まり見逃し三振。いい組み立て。ランナーを背負っても落ち着いて投げられていてグッド!1死1,2塁。

牧原:いい当たりのライナーもセカンド外崎がダイビングキャッチ。その後、セカンドベースに入った源田にトスし、ダブルプレー。チェンジ。

 

【6回表】

中村:追い込まれてから外のボールを上手く打ってライト線へのツーベースヒット。無死2塁。

木村:左肩への四球で出塁。危なかった。無死1,2塁。

金子侑:初球バントを試みるもファールとなり失敗。こういう場面は一発で決めれれるようになって欲しい。その後はよく見て四球を勝ち取る。無死満塁。

源田:ファーストストライクを積極的に打ちにいくもファーストゴロでホームホースアウト。1死満塁。

秋山:源田と同じく、ファーストゴロでホームホースアウト。2死満塁。

山川:真ん中に入ったスライダーを捉え満塁ホームラン。ややバットの先だったがテラス席への満塁ホームラン。

西武 10-2 ソフトバンク。2死。

森:高めのスライダーに空振り三振でチェンジ。

 

<投手:髙橋光→増田>

【6回裏】

福田:高めのストレートにかすりもせず空振り三振。

周藤:ストレート、スライダーの2球で追い込むと、インローにフォークが決まりセカンドゴロ。2死。

中村:高めのストレートで2度空振りを奪い、空振り三振。4球目にインコースに外れた球が効いており、5球目のストレートはそれほど厳しいコースではなかったが空振りを奪えた。意図通りでない球も上手く使えていて良い組み立て。チェンジ。

増田、全く危なげのない投球!

 

<投手:中田→スアレス>

【7回表】

佐藤:全球ストレート勝負で最後はインコースにバットを折られサードゴロ。1死。

愛斗:ストレートとスライダーのコンビネーションで空振り三振。最後の球は154km/hで、愛斗も試合で初めて体感したスピードなのではなかろうか。2死。

山野辺:高めのストレートに手を出し平凡なショートフライでチェンジ。

 

<投手:増田→マーティン>

【7回裏】

内川:ストレート力勝負で詰まらせセカンドライナー。1死。

谷川原:インコースへストレート3球で空振り三振。152km/h、153km/h、153km/と全く打てる球がない。打者が可哀想なくらい。2死。

栗原:こちらも最後はストレートで三球三振。チェンジ。

マーティンも、全く危なげのない投球!!

 

【8回表】

木村:低めのフォークを打ってボテボテのピッチャーゴロ、1死。

金子侑:3球での見逃し三振。2死。

金子一:こちらも三球三振。チェンジ。

 

<投手:マーティン→ヒース>

【8回裏】

川島:ボール先行の投球で3-2とするも、センター前へのゴロヒットを許す。無死1塁。

真砂:またもボール先行の投球となってしまうが、外いっぱいのストレートで見逃し三振を奪う。1死1塁。

西田:ストレートがばらつき、1度もバットを振らせることなく四球となる。1死1,2塁。

福田:追い込んでからストレートが甘く入りセンターへのタイムリーヒットを許す。

西武 10-3 ソフトバンク。1死1,3塁。

周藤:ストレート中心で空振り三振を奪う。なお、3球目に福田が盗塁を決めたため、2死2,3塁。

塚田:高めのストレートで打ち取りセンターフライ。チェンジ。

ヒースはまだストレートがコントロール仕切れていない感じ。本調子ではない。

 

【9回表】

鈴木:粘るも低めのフォークに空振り三振。1死。

呉:こちらも粘るも最後はストレートに空振り三振。2死。

森:粘って四球を勝ち取る。2死1塁。

佐藤:低めのスライダーに空振り三振もキャッチャーがボールを見失い、振り逃げ。2死1,2塁。

愛斗:外のストレートに上手く合わせライト前タイムリーヒット。もらったチャンスからの得点とは言え、スアレスからも得点できたのはペナントレースに向けて大きい。

西武 11-3 ソフトバンク。

山野辺:高めに抜けたフォークを捉えたが、サードへのライナーでチェンジ。

 

<投手:ヒース→田村>

【9回裏】

高田:高めのストレートで空振り三振。スライダー2球で追い込んだのを活かした配球。1死。

谷川原:外のストレートで打ち取りセンターフライ。2死。

栗原:インコースのスライダーで打ち取りキャッチャーフライ。チェンジ、ゲームセット。

 

所感

・髙橋光は、初球ストライク率は63%(12/19人)と結構高く、また大きく外れるボールもほとんどなかったため、安心して見られる投球でした。次回も同じようなピッチングができれば先発ローテーションに入れるのではないでしょうか。強敵のソフトバンクを5回2失点に抑えられたので、次も自信を持って投げて欲しいです。今日の結果は菊池雄星に連絡したかな?

・栗山は3ランホームラン、中村はライト線へのツーベースとベテラン勢二人がいきなり結果を出せたことがよかったです。

・山川に待望のオープン戦1号が飛び出しました。ボール球に手を出さずによく見えていて調子は悪くなさそうだったので、早めに1号がでてよかった。これで乗って行って欲しいです。

・木村(9番打者)にはヒットがでしたが、それ以外のメンバ(1番打者から8番打者)にはヒットがでたのもよかったです。

・武田、中田、スアレスのいずれからも得点できたことが大きかったと思います。また、髙橋光が5回2失点。その後の増田、マーティンは完璧な投球ができたので、ホークスサイドに「今年もライオンズは手強そうだ」と思わせることができたのではないでしょうか。明日もいい試合をして、いいイメージを持って開幕戦に望めるようにしたいですね。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 越後獅子 19 ファンクラブ会員 より:

    試合には勝ちましたがアクシデントの方が心配です。

    多和田は信じています。なんとかしてくれるでしょうし、そうでないと困る。
    ベテラン2人は残念ですが仕方ないです。我慢ですね。いや出来るかという位深刻ですね。
    でも焦らず戻ってきてもらいたいです、GW明け、無理かなあ。

    あとはファンとしての神頼みです。離脱者を出さないように祈ります。昨年も自宅の神社でお祈りしましたから。本当は狭山不動尊でしたいのですが、地元でないのが残念

    4月観戦、失敗かなあ13.14と行きます

    • whitelions10 より:

      昨年は年間通して、あまり怪我人が出ずに戦えていましたからね。毎日ずっと試合があるプロ野球では、怪我人がでない方が希ですからね。

      とにかく、これ以上怪我で離脱するメンバが増えないことを願います。