今日のピッチングを見て、松本航に惚れた話(3月9日)

2019シーズン

今日は待ちに待った松本のオープン戦初登板の日でした。

その姿を目に焼き付けようと思って観戦を楽しみにしていたのですが、なんとインターネット中継がないではないでしょうか。

話が逸れますが、私はこれまで主にパ・リーグTVでライオンズ戦を観戦してきました。そして今年から楽天TVも追加契約しています。(楽天 TVの決め手は、年額が安い、楽天SPU対象サービス、テレビでの視聴が可能、この3点でした ※私はAppleTVから楽天TVアプリを起動して見ます)

松本のオープン戦初登板にも関わらず、観戦できないなんてことがあっていいのか。(いや、ならない。)ということで、急遽スカパーに申し込み、スカパーオンデマンドで観戦しました。

まず、結論から述べますが、松本は最高のピッチングを見せてくれたと思います。

・球に伸びがある

・コントロールが良い

・ピンチでも動じない

・フィールディングが良い

上記以外にも長所が沢山あり、ピッチャーらしいピッチャーが入ってきてくれたなあととても嬉しく思いました。

以下に、各選手との対戦内容を記載します。

松本の本日のピッチング内容(各選手との対戦内容)

【1回裏】
島内:初球ストレートストライクでスタートしたものの、2球目の高めのストレートを捉えられ、ライト前ヒットを許す。無死1塁。

藤田:アウトコースのストレートでストライク、インコースのスライダーで追い込むと、最後はアウトローにズドンとストレートで見逃し三振。1死1塁。

浅村:緩いカーブから入り、外中心のスライダー・ストレートでカウントを作ると、2-2からインコースにストレートを投げ込み、ショートゴロダブルプレー。チェンジ。
【2回裏】
ブラッシュ:初球アウトコースのストレートで平凡なショートフライに打ち取る。1死。

銀次:初球はスライダー、2球目はチェンジアップでファールを打たせて簡単に追い込むも、そこから好打者銀次に7球粘られる。3-2となった10球目はインローにストレートを投げきりセンターフライに打ち取る。粘り負けしないところが素晴らしい。2死。

ウィーラー:外、外、外と3球続けて厳しいところへ投げ、レフトフライに打ち取る。チェンジ。
【3回裏】

オコエ:1球ストレートが高めに外れるも、簡単に1-2と追い込みサードへのボテボテのゴロに打ち取る。しかし、当たりが弱いことが災いしサードへの内野安打となる。無死1塁。

足立:投じた5球全てがストレート。決め球はアウトコースギリギリのところへ投じ、セカンドゴロ。ファーストの呉が打球を捕りに行ったためファーストベースが空くも、松本がきっちりベースカバーに入りアウト。1死2塁。

渡邉:アウトコースを攻め続け、ショートゴロに打ち取る。失投や明らかなボール球、無駄球がなく素晴らしい。2死3塁。

島内:コースを狙うも少しずつボールになり、結局四球。島内には第一打席にヒットを打たれており、もう打たれまいと思う気持ちが、少しずつボールにさせたのかも。2死1,3塁。

藤田:初球ストレートでストライクから入り、2球目に真ん中低めにスライダーを投げ、センターフライに打ち取る。今日の松本は本当にいい高さ、いいコースに投げることができている。ランナーを背負ったときやピンチで動揺しないところがいい。チェンジ。
【4回裏】

浅村:初球外のスライダーで空振りを奪うと、外のストレート、内のストレートを1球ずつ投げて、最後はアウトローのストレートで見逃し三振。本当に素晴らしいコントロール。1死。

ブラッシュ:外中心の攻め、ストレートとスライダーのコンビネーションで1球もバットを振らせることなく、見逃しの三振。2死。

銀次:第一打席は粘られ打ち取るのに苦労した銀次であるが、第二打席は4球で料理。アウトハイに力のあるストレートを投げ込み、力のないレフトフライに抑える。チェンジ。
松本の投球はここまで。本日は4回を投げて投球数61、被安打2、与四球1、奪三振3(いずれも見逃し三振)、失点・自責点0という成績でした。

最高球速は146km/h、初球ストライク率は 71.4%(10/14)です。

私が思っていた以上に松本はコントロールがとても良いピッチャーでした。

今日見えた長所、そして気になる点

成績に直結しないことも含まれていますが、今日の試合を見ていて気づいた松本の長所、そして今後気になる点を以下に記載しました。

<長所>

・ゆったりとした投球フォームから放たれる伸びのある直球

・躍動感のあるフォロースルーがかっこいい

・逆球がほとんどない

・ボール球も無駄球がない

・低めにボールを集められる

・打者に粘られてもそれ以上の粘りの投球ができる

・フィールディングもよい

・セットポジションでも悪くならない

・ピンチでも動揺しない

・ポーカーフェース

・インコースに投げきることができる(対右打者、対左打者問わず)

・投球のテンポが良い
また、気になる点は以下の通りです。

・スタミナはどうか(7,8回まで投げれれるのか)

・怪我しやすい体質かどうか

・好不調の波は激しいか(今日は調子がいい方だったと思う)

後は、

・デーゲーム、ナイターゲームの両方でいけるか

・雨天でも実力を発揮できるか   など細かい点
今日の試合を見て、松本への期待がめちゃくちゃ高まりました。

シーズン通して調子を崩さずローテーションを守ることができるのならば、新人王の筆頭候補になるのではないでしょうか。無失点と言わず、6回3失点程度でまとめていれば、自慢の山賊打線が火を吹き、松本は勝ち星をどんどん積み重ねるでしょうか。

いやあ、本当にいい投手がライオンズに入ってくれたなあ。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 越後獅子 19 ファンクラフ会員 より:

    ルーキーに頼ってはいけないんですが、結局こんな展開になるのかな。

     しかし下でくすぶっている投手陣へ、コーチの問題はあるにせよ、もう少しプロ意識が欲しいなあと思う。また郭は同じ失敗、それ以上に深刻な十亀、困った投手陣です。

     ウルトラ金銭トレードでもない限り厳しいですね

    • whitelions10 より:

      十亀もルーキー年はオープン戦で無双していましたよね。
      昨年も勝ち星に恵まれずパッとしない成績になってしまったので、
      今年こそいい時の十亀に戻って欲しいと切望しています。