2019年シーズン オープン戦初戦はセ・リーグ王者カープと対戦(3月2日)

2019シーズン

今季初のオープン戦を迎えたライオンズ。

初戦はセ・リーグ王者のカープとの対戦です。内容を振り返ってみます。

 

試合経過

<投手:内海>

【1回表】

田中:ストレート3球でショートゴロに打ち取る

菊池:スライダーが抜けた後、2球目のシュートはアウトローに決まり、力のないライトフライ

板倉:インコースのストレートで詰まらせセカンドゴロで三者凡退

変化球が抜けている印象も、ストレートが低めにコントロールされ、上々の立ち上がりです。

 

<投手:ジョンソン>

【1回裏】

金子侑:初球攻撃で当たりがよいショートゴロ。

源田:ファーストストライクからスイングしていき、最終的には粘って3-2となった後にショートゴロ。

秋山:初球高めのストレートを叩き、レフトオーバ2塁打。

山川:低めの難しい球を打ち上げセンターフライでチェンジ。

シーズン中だったら、このケースで秋山は初球攻撃しなかったかな。

 

【2回表】

鈴木:インコースで追い込んで、最後は外を泳がせてライトフライ。フルカウントになる前に決めたかったところではあるが、簡単に四球を出さないところがさすがベテラン投手。

メヒア:カーブがこの試合初めて決まった。その後、外チェンジアップでセカンドゴロ。

長野:インコース中心に攻め、最後は詰まらせサードゴロ。

内海、ベテランらしいナイスピッチング!

 

【2回裏】

森:ファーストストライクを叩き、センター前ヒット。

外崎:フルカウントからランエンドヒットも、辺りのよいセカンドゴロで進塁打。

木村:インズバで見逃し三振。

愛斗:追い込まれながらもチェンジアップ上手く打ち、セカンド内野安打。

山田:フルカウントからチェンジアップに空振り三振。

山田は追い込まれてからはあの辺りの変化球をファールで逃げられるようになりたいところ。

 

【3回表】

安部:初球カーブ決まる。ファール打たせてカウントを取り、最後はインコースに真っ直ぐでバットを折る。ショートフライ。

會澤:2-1から甘いカーブを捉えられレフト前ヒット。内海初ヒットを献上。

間野:ノースリーからセカンドゴロゲッツーに打ち取る。ボールとなった3球はどれも悪い球ではなかったけど、9番打者にノースリーにしたのはいただけない。シーズン中だったらもっとじっくり攻めてくるところだろう。

この回は緩い変化球中心の攻めだった。結果的に3回を9人で抑えたのは良かった。

内海はコントロールよくベテランらしい投球が出来ていて、次回以降も期待できる投球内容だったと思う。

 

【3回裏】

金子侑:粘って7球目に四球を勝ち取る。1番打者としてこうゆう仕事が大切。

源田:初球攻撃で進塁打セカンドゴロ。悪くないが、もっとじっくり行きたいところか。

秋山:初球打ってショートライナー。当たりは悪くない。逆方向に強い当たりが打てていて、調子は良さそう。

山川:難しい低めのボールを打ってショートゴロ。

 

<投手:内海→田村>

【4回表】

田中:ストレートを捉えられライト前

菊地:森パスボールの後、セーフティバント。すごくいいところに転がされた。

  菊池に上本代走。

坂倉:初球、簡単に左中間に犠牲フライを打たれる。

鈴木:ど真ん中をセカンドフライ。

メヒア:上本が初球盗塁死。

田村はまとまっているんだけど、簡単にストライクを取りに行って痛打された印象。

ちょうど打ちやすい高さに集まってきてしまっている。

 

【4回裏】

森:2球目、ユニホームを掠めて死球。

外崎:追い込まれてから、セカンドゴロ併殺崩れ、センター返しの悪くない打球。

木村:初球スイング、セカンドゴロダブルプレー、インコースに対応できていない。

やはりジョンソンはいい投手だ。

 

【5回表】

メヒア:初球攻撃、強いショートゴロ。危ない球。

長野:0-2からスライダー2球で2-2に、最後も低めにスライダーを投げて、打ち取ったショートゴロ。バッティングカウントからいいコースに3球続けられたのは良かった。

安部:インコーススライダー空振りの後、インコースストレート、外低めストレート、低めストレートときわどいボールが3球外れ、3-1から甘いストレート右中間への大きなフライに。

抑えるべくして抑えてる感じではない。

 

<投手:ジョンソン→ヘルウェグ>

【5回裏】

愛斗:フルカウントからセカンドゴロ。

山田:捉えたが三塁線のゴロ。

金子侑:良く見て四球。これもいい働き。

源田:詰まってショートゴロ。

 

<投手:田村→野田>

【6表】

會澤:サードゴロ、山田悪送球。

野間:逆球をレフト線ポテンヒット。

正随:甘い球…キャッチャーフライ。

上本:甘い球…左中間センターフライ。

坂倉:内外高低荒れた後、最後はショートゴロに打ち取る。

荒れ球は野田の持ち味かもしれないが、もう少し狙ったところに投げられないものか。

 

<投手:ヘルウェグ→レグナルト>

【6回裏】

秋山:力のないレフトフライ。

山川:低めの変化球、空振り三振。

森:外の速い球、空振り三振。

レグナルト、浮き上がるようなストレートとブレーキの効いた変化球で、なかなか打ちにくそう。

 

<投手:野田→伊藤>

【7回表】

小園:高めのストレートセカンドライナー。流石高卒ルーキーだがスイングが鋭い。

伊藤は球にキレがあるように見える。

メヒア:スライダーもキレがある。最後は少し高いカーブ打たれ、ライトフェン直ツーベース。いい攻めだっただけに惜しい。

松山:高めのストレートでセカンドゴロに。

曽根:ストレートのフォアボール、これは完全に無駄。

會澤:四球の後の初球甘いストレート、右中間スリーベース。いい球を持っているのにもったいない。

西川:高めのストレートを打たれ、ライト前ヒット。

正随:真ん中のスライダーをレフト前ヒット。球が真ん中・高めに集まってきてしまった。伊藤は打たれてランナーを出してからと、イニングが増えてきてからいかに抑えるかが課題だと思う。

上本:低めのチェンジアップで、空振り三振。これはナイスボール。

伊藤はノーランナーの時はテンポよく投げていて良かった。球のキレがあるので、楽天岸のようにストレート中心でファールを打たせてカウントを取り、スライダー・チェンジアップを決め球としてピッチングを組み立てたい投手。ランナーを背負ってからは全体的に球が甘くなっているところが課題か。

 

<投手:レグナルト→一岡>

【7回裏】

外崎:外チェンジアップに泳ぎファーストフライ。

木村:甘いカーブ打ってセンター前。コンパクトに振れていてよい。

愛斗:ストレート打ち上げライトフライ。

山田:ショートゴロ。

愛斗、山田はまだ一軍レベルの投手相手には厳しいかな。

 

<投手:伊藤→齊藤大>

※先日の文化放送のインタビューを聞き、今期の齊藤大にはかなり期待しています。

【8回表】

坂倉:ストレートを打たれセンター前、ちょっと高い。

小園:追い込んでから逆球、ライトフェン直2ベース。流石競合ドラ1高卒ルーキー。あの打球でフェン直はすごい。左対左も苦にしなそう。

堂林:低めの変化球でピッチャーゴロ、グッド!

松山:ファーストゴロに打ち取るも、三本間挟殺プレーでエラーがあり2失点。

曽根:ショートゴロ。

石原:ショートゴロ。 齊藤の投球は良かったと思う。

 

<投手:一岡→中崎>

【8回裏】

金子侑:低めの早い真っ直ぐに空振り三振、ストライクゾーンなので、カットで逃げてほしいところ。

鈴木:よく見て四球を選ぶ。

山野辺:2球目のインハイの難しい球に手を出し、サードフライ。初球のど真ん中のストレート見逃しの後だっただけに、打つべきボールが違う言わないわけにはいかない。

山川:真ん中のスライダーをミスショット、レフトフライ。

 

<投手:齊藤大→平井>

【9回表】

西川:内外とコースを投げ分け、最後は低めのシンカーを打たせ、ピッチャーゴロ。

正随:初球外のボールでサードゴロ。

上本:西川同様に内外と投げ分け、セカンドゴロに打ち取る。

 

<投手:中崎→矢崎>

【9回裏】

森:難しいボールをライト前に。他の若手とはものが違う感じ。

佐藤:サードゴロで、進塁打。

木村:センター前タイムリー。大振りせずコンパクトに振れているところがいい。このスイングを続けられるなら、開幕スタメン、レギュラー定着もありうる。

愛斗:ライト前にポテンヒット。

山田:追い込まれてから食らいついてサードゴロ。

金子侑:ストレートを捉えたもののサード正面のライナーでアウト。

所感

・内海がベテランらしい良いピッチングができたと思います。ライオンズではいい先発投手は皆FAで出て行ってしまっていたため、久しぶりにベテランらしい投球をするピッチャーが現れたなという感じ。今後に期待。

・齊藤大は、昨年に比べてフォームが安定していて、投げている球もまとまっているように思いました。球も低めにきていました。味方のエラーが絡んで失点したものの、昨年とは状態がまるで違うように感じました。こちらも期待。

・平井、野田は、昨年どおりのらしい投球。平井は安定感があり今年もやってくれそうです。野田は相変わらずの荒れ球で、こちらも変わらず。

・野手では金子侑と木村に対して、期待を感じました。今日の試合だけみると、金子侑はボール球に手を出すことが減った気がします。1番打者になることを意識しているかも。木村は、スイングがコンパクトになり、空振りが減っているかと。外野手のレギュラー争いんにも注目ですね。

コメント

  1. 越後獅子 19 ファンクラブ会員 より:

    試合は敗戦。しかし課題は見えています。投手もそうですが守備が足を引っ張ってしまっている。これではどうしようもないです。打てないのは分かっています。だからこそ、野手が助けてあげないといけないのに、膿を出し切ってしまいたいですね。

    • whitelions10 より:

      今は若い選手中心でスタメンを組んでいるのでしょうがないのかもしれませんが、
      辻監督に喝を入れてもらいチームを締めてもらいたいですね。