雨の甲子園、好投できず。松本航、無念の2回1/3でK.O.(3月17日)

2019シーズン

先週の楽天戦では素晴らしいピッチングを見せてくれた松本航ですが、本日は雨の甲子園での登板です。

イニング数か球数かの予定があると思いますが、前回は4イニングだったので、本日は6イニングくらいを投げる姿を見たいところです。

松本航の本日のピッチング内容(各選手との対戦内容)

【1回裏】

木浪:ストレートを3球続け、ファーストゴロに打ち取る。投内連携もOK。1死。

近本:1球フォークを投げるもその他は全てストレートでショートゴロに打ち取る。源田ナイスプレー。2死。

糸井:ストレートとカーブで簡単に追い込むも、その後フォーク、スライダー、カーブ、ストレートと4球連続で外れ四球。まあ相手が糸井なので無理せずOK。2死1塁。

大山:2-0からインコースの甘い球でレフトファールフライに打ち取る。危ない…チェンジ。

木浪に投じた1球目から足元を気にする仕草をしており、雨が降っているマウンドが気になるようでした。また、近本に1-2から投げた良いコースのフォークを簡単に見逃されていることから、今日のフォークはキレがあまり良くないのかもしれません。どこまでストレートで押し切れるか、カーブの使い方がポイントになりそうです。

 

【2回裏】

福留:スライダー、ストレートが外れ2-0となるも、3球連続ストレートで押し2-2まで持って行くも、最後のストレートが高くなり右中間に二塁打を打たれる。0死2塁。

ナバーロ:初球インコースのストレートで詰まらせ、ライトフライ。その間に福留はタッチアップで進塁。1死3塁。

糸原:初球低めのストレートを捉えられピッチャーゴロが右足に当たり、その後のボールを源田がうまくカバーし一塁アウト。3塁ランナーはホームに帰れず。2死3塁。

松本一度ベンチに戻って治療を受けるも大事に至らず。よかった。

梅野:初球低めのストレートを捉えられ、センター頭上を襲われるも秋山がフェンスにぶつかりながらナイスキャッチ。チェンジ。

低めのストレートを捉えられているのは気になるが、逆にあれくらい低めにコントロールできれば大怪我しないということですね。

 

【3回裏】

高山:カーブ、ストレートともに低めにコントロールできているがわずかに外れストレートの四球。イニングの先頭打者に四球はいただけない。無死1塁。

木浪:早めに追い込むも、ランナーを気にしたのと粘られたのとで、連続四球。今日は前回登板と違い、細かいコントロールが出来ていない。無死1,2塁。

近本:初球いいバントを決められ、佐藤が捌くもセーフ。無死満塁。

糸井:初球、2球目とストレートでストライクを取ると、3球目も外ギリギリにストレートを投じわずかにボールに。4球目もストレートを続け低めに外れる。5球目もストレートを続け、外わずかに外れボールになり3-2に。6球目もストレートを投げ低めに決まってセンターフライに打ち取る。ただ、タッチアップとなる。

西武 0-1 阪神。1死1,2塁。

大山:糸井とはガラッと攻めを変え、初球スライダーで見逃しストライク、2球目もスライダーで空振りストライク。3球目もスライダーを続け、外わずかにボールに。4球目は内にストレートを投げるもやや甘くなりカットさせる。5球目はフォークが低めに外れる。6球目はスライダーを選択するも真ん中に入り、レフト前タイムリーを浴びる。

西武 0-2 阪神。1死1,2塁。

福留:ストレート中心で追い込んで、最後は高めの釣り球での空振りを狙うも、中途半端の高さになってしまい、ライトスタンド中段への3ラン本塁打を浴びる…

西武 0-5 阪神。1死。

ナバーロ:2球目の外のスライダーを捉えられレフト前ヒット。1死1塁。

糸原:ストレートはコントロール出来ているものの、スライダー、フォークが決まらず3-2となり、最終的には四球に。1死1,2塁。

梅野:スライダー、ストレートともに制球出来なくなってしまい、ストレートの四球。1死満塁。

高山:ストレートとスライダーで0-2と追い込んだところで雨が強くなり、中段。そして、高山の打席の途中ではあるが、ここで松本は降板となる。

このイニングはスライダー、カーブ、フォークと全ての変化球が決まらずピッチングに苦労しました。特に左打者へのストレートが外一辺倒になってしまい、相手も打ちやすく感じたのではないでしょうか。

雨天でグランド状況も悪く、途中で中断があったことも松本航にとっては不運だったかもしれませんが、これからプロで勝っていくために、このようなコンディションでも力を発揮できるようになっていってほしいです。

 

総評

前回登板と比べて変化球、特にスライダーが思うように決まらずピッチングに苦労しました。初回から足元を気にしていましたが、雨でマウンドコンディションが良くなく、そこが気になったのでしょう。

ストレートは低めに集められていて悪くなかったと思います。今日の阪神のスターティングラインナップは、4番の大山と8番の梅野以外の7人が左打者で、左打者への攻めに苦労しました。森とのバッテリーで、左打者には外中心の攻めでしたが、もう少しインコースにストレートを織り交ぜてもよかったんじゃないかと思います。

終わってみたら、2回1/3を投げて、被安打5、被本塁打1、奪三振0、与四球5、失点・自責点7と散々な結果となってしまいました。(降板後、齊藤大が2点を許したため、松本航の失点・自責点に2が加算された)

初球ストライク率が55.6%(10/18)と低く、前回の71.4%から大きく下げてしまいました。

 

投球詳細

本日の投球の内訳は以下の通りでした。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 越後獅子 19 ファンクラフ会員 より:

    残念でした。しかしプロは甘くないです。早いうちに洗礼を浴びて良かったと思います

    これが後になると抜けるのが大変ですから。しかし今日のコンディションは最悪でしたし、これからもこういう試合はあります。前回のようなストライク先行の試合が見たいです。それと外角攻め、もうそろそろやめてもらいたいですね。これは森の癖でしょうか。

     でも中継ぎは崩れずそこは良かったと思います

     来週のメットライフ決戦、内容を大事に選手たちは戦ってほしいです。そしてチャンスを貰った若手もです

  2. 越後獅子 19 ファンクラフ会員 より:

    まさかとは思いましたが、肺炎での開幕アウト、信じられないですし、信じたくないです。こんな危機的状況は初めてですから

    熱が出たとき医者に診てもらえば、もう少し軽く済んだかもしれません。だからと言って責められません。ただこの失敗を生かし、今後こういうことの無いようしてもらいたいです

     我慢の戦いとなりそうですね