武隈は左の先発の穴を埋めるピースとなるか?(3月16日)

2019シーズン

本日の先発投手は武隈です。

武隈は3月3日のカープとのオープン戦で中継ぎ登板していましたが、本日は先発での出場となりました。

意図としては、榎田・内海の両左先発投手が怪我で離脱してしまったことと、野田・齊藤大(・小川)と左の中継ぎの目処が立っていることから、武隈を先発にということなのでしょう。

武隈は過去に先発投手として出場していることもあるのと、ここ数年は中継ぎで登板過多ぎみ(昨年は不調でそれほど多くないですが)だったので、ここで結果を残して先発として投げられるようになればチームにとっても本人にとっても良いことだと思います。

それでは本日のピッチング内容を見てみましょう。

武隈の本日のピッチング内容(各選手との対戦内容)

【1回裏】

木浪:悪いボールではないがいきなり3-0となる。その後ストライクを3球続け、最後はインコースで詰まらせてセンターフライ打ち取る。1死。

近本:スライダーから入ってストライクを先行させ、2球目は緩いカーブでタイミングを外しピッチャーゴロ。2死。

糸井:ストレート、変化球ともにタイミングが合っていなかったが、流石糸井、9球粘られ四球となる。2死1塁。

大山:ランナーを背負うも初球緩いカーブから入る(結構よい)。2球目はストレートで押し込みファールを奪い簡単に追い込むと、1球インコースを見せた後に、再びインコースで詰まらせセカンドゴロ。ここは完璧な投球。チェンジ。

先発投手となった武隈は、ストレートも変化球も精度が高くて良さそうです。左バッターのインコースにストレートを投げ切れているのもポイントが高いです。カーブを織り混ぜるのも先発ならではでしょうか。

【2回裏】

福留:4球全てアウトコースにスライダーをコントロールし、ファーストゴロに打ち取る。1死。

ナバーロ:外国人打者に対して意外な攻めで初球ストレートでストライク。2球目は緩いカーブで空振り。3球勝負でストレートを投げるも高めに抜け、4球目はその前の高めに浮いたストレートを生かし、緩いカーブでタイミングを外し、セカンドゴロ。

上本:初球はチェンジアップから入りボールに。2球目はインコースに厳しくスライダーを決めカウントを整え、3球目のストレートでセンターライナーに打ち取る。やや高めに行ったが、タイミングよく振らせていないため、抑えられた。

打者にフルスイングをさせないナイスピッチング。先発としてやれるんじゃないかと期待を抱かせるピッチングを見せてくれています。

【3回裏】

坂本:初球、2球目とストレートで簡単に追い込み、勝負に行った3球目のスライダーはボールに。4球目はインコースのストレートをファールにされるが、5球目のカーブでタイミングを外し空振り三振。

北条:高めに浮いたスライダーを捉えられレフト前ヒット。レフト愛斗が目測を誤りレフト前に落ちる。1死1塁。

木浪:初球のスライダー、2球目のストレートがいずれもわずかに低めに外れ2-0となると、3球目の甘めのスライダーを捉えられライト前ヒットを打たれる。1死1,3塁。武隈がここからどう抑えていくかに注目。

近本:初球のカーブを合わせられレフト前ヒット。源田がジャンプ一番、グラブに掠るもキャッチはできず。

西武 0-1 阪神。1死1,2塁。

糸井:ストレート2球が高めに外れ2-0となるも、そこから持ち直しスライダー2球でタイミングを外しファールで2-2に追い込む。5球目はストレート、6球目はカーブを決めるもファールとされ7球目の甘めのスライダーを打たれセンター前ヒット。1死満塁。

大山:初球からインコースのストレートで突っこみ、バットを折ってサードゴロに打ち取り、5-5-3のダブルプレー。チェンジ。

この回はスライダーが真ん中に集まりそこを痛打されてしまった。ランナーを溜めてもあたふたしないのが武隈のいいところ。

【4回裏】

福留:第一打席とは一変してストレートのみの攻めをしていき、2-2となり最後に投げた決め球のスライダーが甘くなり、センター前ヒット。無死1塁。

ナバーロ:外一辺倒でストレートとスライダーで組み立て、最後はスライダーが外低めのいいところに決まり空振りの三振。1死1塁。

上本:インコースのストレートを2球続け1-1とした後、インローにスライダーを投げてショートライナーに打ち取る。2死1塁。

坂本:カーブ、チェンジアップ、カーブと緩い変化球で追い込むと、最後はストレートでサーゴゴロに打ち取る。ここは先発ならではのいい意味での力を抜いたピッチング。チェンジ。

全体的にコースをついたピッチングができた危なげない投球でした。

【5回裏】

北条:初球スライダーを外角のいいところに決められ、後の攻め方は楽。2球目のスライダーはインコースに外れるも、3球目、4球目とストレートを続けて平凡なレフトフライに打ち取る。1死。

木浪:初球ストレートをインコースに投げきり、詰まったセカンドフライに打ち取る。森が構えたコースにドンピシャ。2死。

近本:初球はカーブからカウントを取りに行くもボールに。その後ボール球が先行するも3-2とするが、最後は外のスライダーを三遊間にゴロヒットされる。2死からのゴロヒット・シングルヒットはOK。2死1塁。

高山:ややコントロールが乱れ3-1となるも最後は高めのストレートでレフトへのフライに打ち取る。チェンジ。

最後、高山への投球が乱れたのは、近本の足を気にした結果なのか、80球を超えてきたから(スタミナの問題)なのか気になるところです。

総評

緊急の割には先発投手らしいピッチングができていたと思います。的を絞らせず、タイミングを合わせず、フルスイングさせないいい投球でした。またオープン戦での先発登板の機会があるでしょう。

5回85球なので、公式戦では少なくとも後1イニングは投げるでしょう。投球数が100球に近づいた場合の投球がどうなるか、次回の登板で拝見したいです。

投球詳細

本日の投球の内訳は以下の通りでした。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 越後獅子 19 ファンクラフ会員 より:

    まあまあだったのではないでしょうか。

     あれくらい打たれることは覚悟していましたし、どれだけ我慢できるかが問題と私は見ていました。今日は短期間の調整のためスタミナ切れ、ここは仕方ないと思います

     あとはいくつか、球種が欲しいですね。とにかくできれば6回と思っていましたがそれは欲ですね

     山川は心配ですが、練習はしているらしいですし(ブログ情報)無理させないでしょう
     秋山のDHもけが防止ではと書いてありました。不安いっぱい、でも戻れない、そんな中の好投と思いたいです。でもどうしてストライク先行できないのかな?