ソフトバンクとの開幕シリーズに登板予定の今井。オープン戦最終登板となる本日は6回2失点となかなかのピッチングでした。(3月23日)

2019シーズン

今井は3/6(火)のソフトバンク戦、3/14(水)の中日戦に続き、オープン戦3度目の先発出場になります。

ソフトバンク戦は5回3失点(自責は2)、中日戦は6回無失点と順調な投球を続けています。球数は、それぞれ84球、89球を投じており、本日は100球前後を目安に投げるのではないかと思います。

前回の中日戦での投球を見ることができなかったため、本日の投球を見るのが楽しみです。

結果、6回91球を投げて2失点のナイスピッチングでした。

今井の本日のピッチング内容(各選手との対戦内容)

【1回表】

楠本:ストレート3球で追い込み、最後は低めのカーブで空振り三振。1死。

桑原:ストレート3球、力で押し込みライトフライ。2死。

宮崎:宮崎に対してもスライダーを見せ球にストレートで押しショートゴロに打ち取る。チェンジ。

今井は上々な立ち上がりを見せます。ストレートに力があり、結構良さそう。いい時の楽天岸を彷彿とさせる投球。

【2回表】

筒香:インコースのストレートでセンターフライに打ち取る。少し甘く、やや危なかった。1死。

ロペス:ストレートとカーブの組み立てで2-2とし、最後は外のストレートに合わされライトへいい当たりをされる。木村がダイビングキャッチを試みるも、捕れず後ろに逸らしてしまい三塁打。1死3塁。

ソト:ストレートは2球だけで他は、スライダーとカーブ。ランナーを背負ってからもカーブを多投し、決め球にも使えるのは、投球の幅が広がってよい。2死3塁。

佐野:一変してストレート押し。初球のカーブ以外は全てストレートで、追い込んで最後はインズバで見逃し三振。チェンジ。

ランナーを背負ってからも落ち着いて自分の間で投げられています。カーブを有効に使って投球できているのが良く、相手に的を絞らせません。味方のエラーによるピンチを0点で切り抜ける辺り、エースの系譜を感じます。

【3回表】

戸柱:ストレートが2球外れて2-0となった後、低めのストレートを打たせてセカンドゴロ。2球目がストライクと判定されても良いような球だったので、気持ちを切らさず投げられてよかった。1死。

倉本:初球はいいコースにジェンジアップを投げ空振りを奪うも、その後はストレート、スライダーともに低めに外れ四球。1死1塁。

楠本:倉本をランナーに背負ってランナーをかなり気にする素振りがあった。投球も高めに浮きがちだったが、高めの球も力があったので、ストレートでレフトフライに打ち取る。2死1塁。

桑原:対楠本の時と同様に球が高めにいき、レフトワーニングゾーンのレフトフライ。危なかった。今井自身も納得していないような表情を見せていた。チェンジ。

この回は、1死から一塁にランナーを背負っての投球となり、ランナーを気にしながらの投球になりました。クイックで投げると右足にしっかり体重を乗せられず体重移動することになるので、リリースポイントがやや後ろになって球が高めに浮いてしまう感じなんだと思います。

【4回表】

宮崎:ストレートがかなり高めに浮く中で、森がいいリードを見せ、チェンジアップとカーブでカウントを取り、最後はカーブでサードゴロに打ち取ります。1死。

筒香:(意図せず)高めのストレートで押し0-2のカウントを作り、以降もストレートで押すも四球。まあこれは仕方がない。3球目のストレートはストライクっぽかった。1死1塁。

ロペス:初球低めのチェンジアップで空振りから入れたのはよかったが、2球目にカーブがWPとなり、3球目もストレートが高めに外れると、4球目はチェンジアップが真ん中に入りレフトへのホームランを打たれる。ストレートが決まっていなかったため、ロペスも変化球を待っていたようなスイングで、ドンピシャ。

西武 1-2 横浜

ソト:アウトハイのストレートでいい当たりのショートゴロ。2死。

佐野:ストレートのボール球から入り、2球目のストレートが真ん中に入りライト前ヒットを打たれる。2死1塁。

戸柱:佐野と同じくボール入りの、2球目の甘いストレートをライト前ヒットにされる。2死1,2塁。

倉本:初球ストレートが高めに外れるも、その後カーブ2球、チェンジアップ2球でカウントを2-2とし、最後はアウトハイのストレートで空振り三振(森の要求はアウトロー)。チェンジ。

ストレートが決まらない中でこの回は苦しいピッチングでした。ロペスに対してはカーブも外れたこともあり、半速球の変化球(スライダー、チェンジップ)に絞られ、見事に痛打されてしまいます。今井のストレートは球速、キレともに良いため、ストレートをコントロールできるかでピッチングの楽さが全然変わってきますね。

【5回表】

楠本:カーブ、チェンジアップで追い込み、最後はカーブが高めに浮き捉えられるも、ショート源田のファインプレーにより1死。

桑原:初球、久しぶりにインコースにストレートが決まる。2球目以降は、外のカーブとスライダーで組み立てるもうまく打たれセカンド強襲のヒット。1死1塁。

宮崎:2球目にインコースのチェンジアップで詰まらせ、ショートゴロ6-4-3のダブルプレーに打ち取る。チェンジ。

桑原に投げたストレートはかなり良かったですが、その他は変化球中心の攻めでほとんどストレートを投げませんでした。変化球がコースに決まっていたため、全て内野へのゴロとなり、いいリズムで守備を終えることができました。

【6回表】

筒香:インハイのストレートで詰まらせライトフライに打ち取る。力と力の勝負。1死。

ロペス:ストレート2球で簡単に追い込むと、1球内のストレートを見せて外のチェンジアップで空振り三振。お手本のような組み立てと投球。2死。

ソト:初球真ん中よりのスライダーでカウントを稼ぐと、2球目もスライダーを続けインコースのいい所に決まる。それで詰まらせ、ライトフライに打ち取る。チェンジ。

6回、グランド整備も入り一般的に難しいイニングで、試合が動くことも多いイニングと言われますが、横浜の中軸相手を三者凡退に打ち取りました。3つのアウトはいずれもアウトになるべくしたなったもので、結果オーライは一つもなかったです。ナイスピッチング。

投球詳細

本日の投球の内訳は以下でした。変化球の割合が均等ですね。

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 越後獅子 19 ファンクラフ会員 より:

    ナイスピッチングだったと思います。無失点とは言いません。大崩れしないのが大事です

     多和田の信じられないものを見た後なので1級速報は見ない方がいいと思いその時は寝ていました。さすがに尽きます。開幕は多和田で決まりですが今井で行った方がいいくらいです

     松本航が心配31日ぶっつけデビューらしいので。ホント、アクシデントばかりですがあのコーチは何を考えているのかわかりません。更迭して欲しいですね。土肥さんの方がはるかにいいです

     4.13.14は誰が投げるんだろう。1回まわればわかりますが、恐らく今井と松本かな
     勝ってほしいなあ

    • whitelions10 より:

      調子が良かったわけではない中で、6回2失点は立派です。
      経験値で多和田優勢ですが、ポテンシャルで言ったら今井>多和田かなと、私は思います。なので、開幕今井も大いに有りだと思います。(ここからの変更はないでしょうが。)
      4.13 今井は決まりでしょう。
      4.14は、明日の武隈次第でしょうか。明日武隈がいいピッチングをすれば、3.31は武隈になり、その後の日曜も崩れるまで武隈が担うことになるんじゃないかと思います。日曜は、次の日が休みと言うこともあり、中継ぎ投手を投入しやすく、その意味でも武隈先発は有りです。