ウルフは猛打のソフトバンク打線を止められるか、ライオンズ打線は高橋礼を攻略できるか?

CSファイナル2018

ライオンズは第4戦に敗れ2勝3敗になり、迎える第5戦。後がありません。

本日の予告先発投手は、ライオンズがウルフ、ホークスが高橋礼です。

試合を観戦する前情報として、今シーズンの対戦成績のおさらいと、注目すべき対戦(見どころ)を確認しておきましょう。

 

まず、今シーズンのウルフとホークス打線の対戦成績について。

ウルフがホークスと対戦したのは、3試合。メットライフ1試合、ヤフオク1試合、北九州1試合です。ウルフに勝利がついたのは1試合のみですが、いずれの試合もライオンズが勝利しています。ウルフの勝ち運が本日もライオンズに勝利をもたらしてくれますように。

それでは対戦成績を見てみましょう。

ウルフからよく打っているのは上林とデスパイネ、甲斐、明石も打席数が少ないながらも安打を許しています。現在のホークス打線は絶好調なので、ウルフは打てるもんなら打ってみろ精神で、ストライク先行で攻めていければ勝機があるかと思います。CSでホークス打線はストライクゾーンのボールをどんどん振ってきているので、そこにウルフの動くボールが上手くマッチして、打たせて取るピッチングをして欲しいです。

 

続いて、今シーズンのライオンズ打線と高橋礼の対戦成績について。

高橋礼との対戦は5試合で、うち1試合は先発登板でしたがその試合はシーズン最終戦、高橋礼は2回で交代となっているので、各打者が1試合に2打席以上対戦したことはありません。高橋礼自身、シーズン最長でも4回1/3なので、本日も中盤からは継投になると考えられます。

中村がCSに入ってから当たりが止まっていることから、今日はメヒアがスタメンに入るのではないかと予想しています。また、森には無理をさせずに捕手は岡田になるのでは。外崎:サード、栗山:レフト、木村:ライトと予想します。

高橋礼と多く対戦して、打っているのは源田とメヒアです。また、全体的に四球をよく選んでおり、出塁率でいうと秋山、浅村意外のメンバーは3割を超えます。高橋礼はアンダースローにも関わらず球速が出るので見極めが難しいと思いますが、狙い球を絞っていきたいです。(いつも言っていること)

 

なんとか今日勝って、逆王手をかけましょう!がんばれライオンズ!

 

※TOP画像はライオンズ公式ページから拝借しております。

コメント