2019年の公式戦日程を見て思うこと

2019シーズン

明けましておめでとうございます。

昨年末の更新から少し間が空いてしまいましたが、今年も引き続きライオンズに関する事柄を定期的にまとめていきたいと思います。

 

昨年は9月以降にホークス戦、ファイターズ線が多く残っており、優勝へ全く油断できない日程となっていました。さて、2019年の日程はどうなっているでしょうか。

日程表を見て思ったことを以下に挙げます。

①開幕3連戦は苦手とする福岡でのホークス戦。連敗するようだと出鼻を挫かれるようで嫌ですが、連勝できるようだと今年もいけるという雰囲気がチーム内外にできるかも。

②4月は遠征が少なく、関東での試合が多い。この4月で貯金を作っておきたい。

③5月中旬は札幌→福岡(北九州含む)→大阪→那覇と約2週間に渡って遠征が続き、疲労が蓄積しそう。また、前橋→大宮や、盛岡→仙台と地方球場での試合も組まれています。この月は五分以上で、怪我人なく乗り切りたい。

④6月は交流戦があり、ジャイアンツ、ベイスターズ、スワローズと関東が本拠地のチームが多いことから、この月も遠征が少ないです。交流戦はパリーグ優勢の状況が続いているので、確実に勝ち越しておきたい。球団史上初の交流戦優勝を!

⑤7月は札幌→千葉→福岡のビジター9連戦から始まります。その後、オールスターを挟んで、後半は大部分がホームでの試合。ポイントは、前半のビジター9連戦。ここを五分以上とできれば、月全体としては勝ち越せそう。

⑥8月は31日のうち27日も試合がある過密日程となっています。前後の月も含め、6連戦→3連戦→6連戦→9連戦→6連戦と続くためタフな戦いが求められます。昨年とは逆で、今年は9月にファイターズ戦、ホークス戦があまり残らない日程となっており、特にファイターズとは9月に1試合しかないため、ファイターズにはしっかり勝っておきたい。

⑦9月は昨年の順位でいうとBクラスのチーム(バファローズ、マリーンズ、イーグルス)との試合が多くある月です。今年は今年なので開幕してみないと分かりませんが、昨年よりは楽に戦える9月になりそう。ライオンズが首位に立っていれば、着実にマジックを減らしていけそうな日程に見えます。

 

最後になりますが、月ごとのホーム・ビジターの試合数と関東での試合・遠征試合の数を表にしてみました。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 越後獅子 19 ファンクラフ会員 より:

    まずは出だし、そしてハムとの東京決戦ここが大事な気がします

     勿論その後も厳しい戦いが続きます。まずは出足です投手陣、秋山キャプテンお願いします、こんな感じでしょうか
     簡単にまとめさせていただきました

    • whitelions10 より:

      滑り出しが大事ですからね。序盤でずるずる行くと、そのままシーズンが進んで行ってしまう恐れがあります。
      近年、東京ドームでの戦績があまりよくないこともありますが、その流れを止めて欲しいですね。