ライオンズのキャプテンには森友哉を推薦します!

ライオンズのキャプテン

「ピンとこない」

西武辻監督「ピンとこない」浅村後任キャプテン未定 - プロ野球 : 日刊スポーツ
西武辻監督は22日、浅村の後任のキャプテンは未定とした。16年秋の就任時に自ら指名。「ピンとこない。つくらなくてもいいんでしょう。ないかも知れないし、誰か指名… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

辻監督は、球団の納会ゴルフ後の取材にて、次期キャプテンについてピンとくる選手がいないと答えたようです。来年のライオンズのキャプテンには誰が指名されるのでしょうか。

ライオンズは過去、長らく栗山がキャプテンを務め、その後浅村がキャプテンとなりました。マウンドへ声を掛けに行けたり、ピンチで集まった際にチームを鼓舞できる内野手がいいと言った声をよく聞く気がしますが、他のチーム含め、どんな選手がキャプテンを務めることが多いのでしょうか。

2018年 プロ野球12球団のキャプテンとそのポジション

まず、今シーズンの12球団のキャプテンとそのポジションを調べてみました。

割合を円グラフで示したものです。こう見ると、特にポジションによる偏りはあまりないですね。そして、意外にキャプテンを置いていない球団も結構あることを知りました。

過去10年間のパ・リーグの各球団のキャプテンとそのポジション

12球団調べるのは大変なので、ライオンズが所属するパ・リーグに限定して直近10年間のキャプテンとそのポジションを調べてみました。

そして割合を円グラフにしたものが以下です。

長期スパンで見ると、やはり内野手がキャプテンを務めているケースが多いですね。

2019年 ライオンズのキャプテン候補

2019年 ライオンズのキャプテンの前提は以下2点としました。

・レギュラーとして試合に出続ける野手

・中堅以上の野手

この条件を満たす選手は以下7名と考えます。

①栗山巧

②中村剛也

③森友哉

④山川穂高

⑤源田壮亮

⑥秋山翔吾

⑦外崎修太

栗山巧

栗山は過去5年間キャプテンを務めています。再度キャプテンに就任する可能性もゼロではありませんが、ライオンズの場合キャプテンという肩書きを背負って戦うことで、その選手の成長を促す効果も期待しているような気がするので、もう一度栗山がキャプテンをすることことはないかと考えます。

中村剛也

中村は職人タイプであり、キャプテンとしてチームを引っ張っていくタイプではないため、キャプテンになる可能性は低いかと考えます。

森友哉

森はまだ年齢的には若いですが、人間的な成長を期待してキャプテンに抜擢される可能性が結構あるのではないかと思っています。

高校生の時は、あの強豪大阪桐蔭のキャプテンを務めていましたし、森の性格から先輩からも好かれそうです。また、先輩に対しても物怖じせず、進言できそうですし、キャプテン向きなのではないかと思います。

一つ不安な点としては、捕手という守備の負担が最も高いポジションを担い、かつ打線でも中軸に座ると思うので、そこにキャプテンとなるとかなり負担が大きそう。ただそこを乗り越えられるのであれば、打ってよし、守ってよし、キャプテンシーもある最高の捕手に成長できるでしょう。森はそんな選手になる可能性を秘めていると思います。

辻監督は、森をキャプテンに指名した上で、先輩でチームの中心である秋山や、森と最も仲が良い山川に、できるだけ森をフォローしてあげるように頼み、周りが森を盛り立てつつ、キャプテンをやらせてあげられれば良いかと思います。

山川穂高

山川は練習熱心で野球に対して真面目なので、キャプテンも務まると思います。

年齢も若手と中堅の間くらいで、ちょうど良いです。

なので、次点で山川かと考えます。

源田壮亮

本当に個人的な思いですが、源田にはキャプテンではなく、新たにチームに加わった山野辺の教育係として、自身の経験を色々伝えたり、ゲームの中でも気づきを与えてあげて欲しいです。ただ、源田もキャプテンが務まる選手かと思います。

秋山翔吾

野球の技術、これまでの実績、人間性、これらの全てを考えると、秋山が最も野球人としてレベルが高いと思います。ですので、もちろんキャプテンにもなれるし、チームの皆がついていきたいと思う選手だと思います。

私としては、まだ少し未熟だけども、荒削りで将来が楽しみな選手に担ってほしいと考えているので、その観点から秋山キャプテンはなしと考えます。

外崎修太

外崎は結構静かな印象があり、チームを鼓舞して引っ張っていく姿をあまり想像できません。それが今の外崎の個性だと思っており、まずはこれまで通り自分のペースでプレーして好成績を残して欲しいです。

 

上記の理由から、私は「森友哉」を2019年のライオンズのキャプテンに推薦します!

森友哉がキャプテンになったら、ライオンズというチームは今よりもさらに明るいチームになる気がしますし、負けず嫌いなチーム(ソフトバンクにも負けない)になるような気がします。

23歳の森友哉がキャプテンを担う埼玉西武ライオンズを見てみたくありませんか?

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 40年レオ一筋 より:

    大とは言えませんが、賛成です
    ファンだけではなく、誰がいいだろう、恐らく内野手か秋山かなと思っています。
    だが、あっさり浅村に逃げられた。それも環境ではなく、結局カネだった。まあそんな事だろうとは思っていました。

    私も2017の森だったら反対です。自分で好き勝手に食生活の注意を守らなかったり、なんかあの頃だったら納得できませんでした
    でも今シーズンを見ていると、課題はまだあります(特にリード、配球面)しかし、エラーも減り、強肩になりつつある、どんどん成長していく森を見るとまだ若いが、キャプテンにはいいのではないかと思う。
    FAまであと4年ある。この間にライオンズ愛を植えつけることも必要だし、投手陣にも今の森ならということで残ってくれる可能性を持つ1人だと思います
    もしなればの話ですが、浅村、中田この2人には意地を持ってやるやるだろうし、私は実際監督はさせたいのではないかと思っています 

    • whitelions10 より:

      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通り、辻監督は森を買っていますし、森にキャプテンをさせたいと思っているかもしれないですね。
      森はどんどん成長し、キャッチャーとしても安心して見られるようになってきていると思うので、
      キャプテンを担う姿を見てみたいですね。