金子侑司の活躍が2019年のライオンズを優勝に導く

金子侑司

2018年ライオンズはパ・リーグ優勝を果たしましたが、今オフに3番打者でセカンドを守る浅村栄斗がFA移籍したことにより、来年度打撃力が低下することはまず間違いないでしょう。

浅村の穴を埋める選手の鍵となるのは、もしかすると「金子侑司」なのかもしれないと最近思うようになりました。

金子は「3番打者」でもなく「セカンド」でもない形での出場となると思いますが、金子の成長と活躍によっては、完全ではないものの浅村の穴をカバーできる気がします。

金子の1番起用

今年、金子は9番ライトでの先発が多く、111試合に出場しました。出場試合数的には過去2番目の成績です。また、金子は足が使える選手で、2016年には盗塁王を獲得しています。

最近の報道から、来期は秋山が3番に入ることが基本線となりそうなため、代わりのメンバが1番打者を担わなければならなくなります。

来期のライオンズで1番打者を担えそうな選手としては、

・源田壮亮(2018年は1番で5試合先発出場)

・外崎修汰(2018年は1番での出場はなし)

・金子侑司(2018年は1番で2試合先発出場)

の3選手かなと思います。

この3選手の中でも金子について、私は「スター性(*1)」があり、「プロ野球選手向きな性格(*2)」だと入団時から思っており、1番打者に向いている気がします。

*1:イケメンで人気のある選手

*2:ミスした後に自身で挽回するケースが多い気がする

また、金子は源田と仲が良く、仲良しコンビの1,2番なんていいじゃないですか。

上記の表は、2018年の3選手の成績(打率、出塁率、盗塁数)の比較表です。

金子は打率、出塁率ともに源田、外崎の両選手より劣りますが、実は四球を選ぶ割合については両選手より高いです。

 

こちらは金子の入団以来の成績(出場試合数、打率、出塁率、盗塁数)です。

1番打者に入って、2016年同様の成績を残せれば、まず合格点ではないでしょうか。

欲を言えば、打率:.280以上、出塁率.350以上打てれば、より良いです。(2018年、外崎がこの成績に達しています。)

ちなみに、2016年の金子の打順別の出場試合数は以下の通りで、1番もそこそこ打っています。

・1番打者で先発出場:46試合

・2番打者で先発出場:16試合

・7番打者で先発出場:10試合

・8番打者で先発出場:3試合

・9番打者で先発出場:48試合

 

最後に書くことではないかもしれませんが、金子はまずはレギュラーとして試合に出続ける必要がありますよね。下記のいずれのパターンでも、金子自身が成績を残せれば、レギュラーとして試合に出続けることは可能な布陣だと思いますので、金子には頑張ってほしいです。

<パターンA:山野辺がセカンドのパターン>

山野辺:セカンド、中村:サード、外崎:レフト、金子:ライト、栗山:DH

<パターンB:外崎がセカンドのパターン>

外崎:セカンド、中村:サード、栗山:レフト、金子:ライト、メヒア:DH

※いずれのパターンでも、中村、栗山は体調を考慮して、DHでの出場を組み合わせる。

 

# (私が金子1番押しのため金子の成績を挙げて1番行けるでしょアピールしていますが、去年の成績からすると外崎が有力候補ですかねえ…)

#(年齢的には、金子は意外と中堅選手なんですよね。中村、栗山を除くと、秋山の次ですよ。金子さん、来年はこれまでよりも更に頑張らなくちゃですよ。)

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 越後獅子 19 ファンクラブ会員 より:

     そう思います。
     今シーズンは不振と辻監督が打線のつながりを考え、9番に据えた試合が多かったようです。
     しかし、打力は確かに半減を覚悟します。こうなると計算が効くのは機動力、2017年の交流戦ではいきなり怪我から復帰での1番ということで見ましたが、丁度観戦した、Dena最終戦の機動力を見ていると、魅力です。カバーするには長打ではなく、かき回すことが大事と思いますそのためには、苦しんだ打撃復帰を見たいです

     今シーズンは打撃に苦しみました。しかし観戦した阪神最終戦では猛打賞、天王山3連勝の2戦目のファインプレーがなければ3連勝はなかった。それくらい少なかったかもしれませんが、いいところで活躍してくれました。
     来季は打線変更が難しい。でも金子、源田、秋山の打順には賛成です。そうなると下位が弱くなりますが仕方ないですね