ライオンズの契約更改、最も年俸が上がったのは誰だ!?

契約更改

先日、ライオンズに所属する選手の契約更改が概ね完了しました。

概ねというのも、ウィンターリーグに参加している高木勇、齊藤大の両名は、契約調整がまだであるため、その2名を除いてという意味です。

2018年シーズンはパ・リーグ優勝を果たしたライオンズ。優勝に貢献した選手も多かったですが、2019年の年俸が最も上がったのは誰でしょうか。

年俸増額ランキング

2019年の年俸が、2018年に比べて増加した選手を、その増額幅が大きい選手から順に並べました。

最も年俸が上がったのは、本塁打王かつパ・リーグMVPの山川でしたね。7,760万増の1億1,000万での契約となりました。成績、チームへの貢献度を考えると、この増額幅も納得ですね。昨年山川は、一度保留した後のサインでしたが、今年は一発でサインとなり、納得感があってよかったです。

なお、上記25人合わせた増額分は4億9,665万です。

年俸減額ランキング

一方、残念ながら減額となってしまった選手の一覧はこちらです。

カスティーヨは7勝4敗3セーブ1ホールドの成績ながら、6,960万の減額となりました。数字だけ見ても貯金を3つ作っていますし、シーズン中の配置転換で急にストッパーを任され、ケガをしてしまったこともあり、ここまでの減額にはならないと思っていました。この金額で、来期も契約してくれたのはありがたいですね。

なお、上記20人合わせた減額分は1億2,630万です。

移籍や引退する選手も考慮すると

高額所得者でいうと、今年でウルフ(1億2,000万)、松井稼頭央(4,000万)が引退し、菊池(2億4,000万)、浅村(2億1,000万)、炭谷(1億1,000万)が他球団へ移籍します。また、ワグナー(9,120万)が自由契約になります。そう考えると、ライオンズは今年優勝したにも関わらず、来年の総年俸は今年よりも数億下がりそうです。

主力選手が来年も今年同様の活躍を見せてくれれば、1億円プレーヤーが5人くらい増えそうに思えるので、そのときに活躍に見合った金額をしっかりと提示できるように今から準備しておきたいところです。

 

話は変わりますが、私はこれまでライオンズのチケットは他球団に比べて安くてありがたいと思っていましたが、球団が活躍してくれた選手が満足するだけの金額を払うためには、チケットは少し値上げしてもらってもいいんじゃないかなと思いました。

(他球団も含めたチケットの価格についても今後整理してみようかしら。)

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 越後獅子 19ファンクラブ会員 より:

    今年は、選手の皆さん、年俸が上がって良かったです

     FAがありそこは残念です。でも残る選手に対してはしっかり査定をしてくれたと思います。勿論、下がった選手もいます。でもプロの世界、結果が出なくては下げられるのは当然、次に頑張ってほしいです

     GMが主体になってから査定方法もよくなりつつようにあります。ただ、成績が下がれば現状か±0でしょう。しっかり頑張ってほしいものです。

     総年俸が下がる、これは仕方ないですね。ただ皆で頑張ればもっと年俸が上がる。成績とともに観客動員数増加は年俸にも反映します
     来季は-からの出発です。でも若手に期待します。監督の言葉を忘れたか、そう言いたいです

     チケット代、まあこれは最小限度の値上げは止むをえません。が、いかんせん土地柄の悪さ、交通網の不備を徹底した段階では反対しません。まあおそらく巨人は2.5倍くらいでしょうから。
     ただ年間シートを作りすぎせず、遠方から言っている方への配慮もあった方がいいです
     この前は三重、北海道、鹿児島のファンと話をしましたから

    • whitelions10 より:

      コメントありがとうございます。
      確かに選手の成績のみならず、観客動員数増加も査定には影響しそうですね。
      多くの人がメットライフドームに行くために、池袋-西武球場前間の電車乗車代を負担しているので、
      あまりに高くなるとファンの金銭的負担も増えますよね。ただ、球場の移転は現実的ではないし。
      難しいですねえ。

  2. 越後獅子 19ファンクラブ会員 より:

    私も生意気言ってすみません。
     ただ、今までの地方(名前で想像してください)からの遠征をしての感想ですから

     特にこの改修工事期間中は、西武鉄道を利用する方が多いようですね。私は大体2泊3日が基本として行っています。2試合見てすぐ帰らず泊まって帰る。お金がもったいないようですが基本土日のデーゲ-ムガ基本です。大体試合が長期化し、最後まで観れなくなるので

     今年はお金より勝って、という気持ちで応援してました、
    その結果 2016 1勝3敗
         2017 6勝1敗
         2018 5勝2敗
    と遠征の甲斐がありました。
     特に天王山は本当に力が入り、声が枯れました

    長くて済みませんが、私観ていて思うんですが、いつの間にか内野、フィールドでも外野に合わせて応援していますが2016はまだあまり無かった気がします。いいことですが