ライオンズの選手の出身地まとめ

2019シーズン

突然ですが、2019年 埼玉西武ライオンズ支配下登録選手の出身地で最も多い都道府県はどこだと思う?

それは、地元である埼玉県じゃない?

今年のドラフト2位で入団した渡邉勇太朗選手も

地元の浦和学園出身だし。

ハズレだね。

埼玉県は、渡邉と斉藤彰の二人だよ。

それじゃ、大阪府かな?

少なくともおかわりくん、森、岡田もいるし。

それもハズレ。

岡田は、大阪桐蔭卒、大阪ガス出だけど、出身は奈良県なんだ。ちなみに大阪府出身は、中村、森の他に、西川と愛斗がいるよ。

正解は?

正解は兵庫県なんだ。

栗山、増田、松本、田村、中田、松本の6選手が兵庫県出身だよ。

ライオンズの支配下登録選手の出身地を図でまとめて見たよ。

北海道出身、沖縄出身の選手もそれぞれ4人いるのね。

そうなんだ。とくに沖縄は多和田と山川という主軸の二人でもあり、プレゼンスが高いよね。

また一方で、0人の都道府県も結構あって、北から、

岩手、秋田、福島、富山、福井、山梨、長野、岐阜、滋賀、和歌山、徳島、高知、鳥取、島根、岡山、広島、山口、熊本、宮崎が該当するよ。

中国地方出身は0人なのね。

これって、プロ野球全体でも同じ傾向なのかしら?

プロ野球全体は分からないなあ。

分からないし、僕はライオンズが好きで、他の球団のことを調べるのはあまり気乗りしないからね。ごめんね。

 

 

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント