本日からはまだ調子が上がってこないバファローズとの対戦。それでも表ローテを打ち崩すのは難しいかも。(4月12日-14日)

2019シーズン

厳しい環境(寒い本拠地)の中、好調イーグルスに2連敗してしまったライオンズ。本日からは週末カード初本拠地開催となり、バファローズとの対戦になります。

投手陣

先発予想は以下となっています。

ライオンズ:多和田、今井、髙橋光成

バファローズ:山岡、東明、榊原

 

バファローズの山岡、東明、榊原は今シーズン2試合ずつ登板していますが、いずれもいい投球をしています。

具体的には山岡が8回 3失点、8回 無失点の投球、東明が5回 2失点、5回2/3 1失点の投球、榊原が4回2/3 3失点、6回 1失点の投球です。

昨年でいうと、山岡とは複数回対戦があって結構打っており、東明とは1度の対戦で抑えられています。榊原とは対戦がありません。

対山岡は3勝1敗 防御率6.26と打ち込んでいます。よく打っているのは森(11-6,1本塁打)、外崎(9-4,1本塁打)、源田(13-5)、山川(12-4,1本塁打)です。ただ、今シーズンまだ右打者がヒットを打っていないようで、左打者である源田、森や栗山、秋山がキーになりそうです。

対東明では、球数を多く放らせる攻めができるかが重要になりそう。今シーズン東明はいずれも6回途中降板になっていることと、ライオンズ打線は粘りの攻撃をできていること、この2つから中盤球数が増えてきたところを捉えたいです。

対榊原では、ボール球に手を出さず四球を選べるかと、甘めの速いストレートを捉えられるか、そこがポイントかと。金子、源田、秋山の出塁と、チャンスで山川、森がきっちりランナーを返す展開を期待します。

打撃陣

バファローズ打線の中で好調の選手は少ないです。好打者吉田もまだ調子は上がっておらず、ロメロも全カードから試合に出始めている状況です。一方で、ライオンズの多和田、今井、髙橋光成は、調子が上向いてきているいます。そのため、この3試合はロースコアの展開が期待出来そうです。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント