先発がゲームを作れず、イーグルスに2連敗を喫する(4月9日-10日)

2019シーズン

4月9,10日のホーム2連戦は、気温が上がらない中での試合となりましたが、テンションも上がらないイーグルス相手に2連敗という結果になりました。

中村、森(森は初戦のみ)不在の打撃陣で攻撃力が落ちるかなと思いましたが、結果的には初戦が6得点、2戦目が5得点出来ており、影響は少なかったです。それなりに得点出来ただけに、勝ちゲームにしたかったです。

4月9日 ザック・ニールの投球

3回まで素晴らしい投球を見せていたニールでしたが4回に捕まってしまいました。無死1,2塁で島内を追い込んでからの死球(そんなに投げミスでもない)がもったいなかったです。また、次打者のウィーラーは完全に打ち取ったのですがボテボテすぎてサードへの内野安打、そして、次の銀次はファースト山川のエラーとニールにとっては不運が重なりました。全体的に捉えられていた訳ではなかったです。

試合前にも書きましたが、ニールは県営大宮のマウンドでも自分のピッチングをしてくれましたが、バックがミスをしてしまったのが痛かったです。ニールはゴロを打たせてアウトを取るタイプの投手なので、地方球場ではなくプロの球場で投げさせてあげたいです。

4月10日 武隈祥太の投球

試合前の情報に、前回登板の肩の張りが少しあり疲れが残っているという情報がありました。

確かに、その情報の通り武隈の投げる球は全体的にキレがなく、初回からランナーを背負う苦しい投球になっていました。4回は三者凡退に抑えましたが、内容を見るといい当たりのアウト3つで捉え始められていました。そして5回、球数が80球を超えた当たりですが、先頭打者から三者連続四球で無死満塁にすると、島内にも3ボールカウントとなり、ストライクを取りに行ったストレートを痛打されライト線への二塁打に。イニングの途中ですが、5回はアウトを一つも取れずに降板となりました。結果論になりますが、この日に佐野を1軍に上げベンチに入れていたので、5回から佐野(あるいは、先頭の田中に四球を与えたところからでも)に交代していればと考えてしまいます。

 

そして本日、武隈が1軍登録を抹消されました。ちょっと不可解なのは、なぜ昨日抹消にしなかったのかということ。1軍登録抹消されてから再度1軍に上がることができるようになるには10日間必要なので、抹消するなら早めに抹消したほうがいいので。

来週の火曜からも2連戦で、今度は仙台でのイーグルス戦です。初戦はニールで行くのでしょうが、2戦目は誰が行くかまだ分かりません。本田か、佐野か、相内か。いずれにしても、連敗を食らったイーグルスに借りを返して欲しいところです。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント