今日から本拠地開幕、ロッテ戦の展望(4月2日-4日)

2019シーズン

本日より本拠地での2019シーズン開幕となりますが、かなり冷え込んでいますね。この時期のメットライフドームでのナイターゲームなので、その寒さも試合展開に影響を与えそうです。

対戦相手はマリーンズですが、マリーンズは全カードでイーグルスに1勝2敗と負け越しています。負けた2試合はともに9失点しており、初戦含め先発投手が試合を作れていません。

ライオンズの状態とマリーンズの状態を対比して、投手陣、打撃陣それぞれの観点で今カードをのポイントを挙げます。

投手陣

先発投手は以下の予定です。

ライオンズ:ニール → 武隈 → 本田

マリーンズ:涌井 → ブランドン → 小島

 

ニール、涌井、ブランドンの3人はこのカードで登板しています。

それぞれ、ニールは5回7失点 敗戦投手、涌井は5回1失点 勝利投手、ブランドンは4回2失点 敗戦投手となっています。

まず、ニールですが前回のマリーンズ戦では細かいコントロールができず甘く入った球を捉えられています。特に初球を痛打されることが多かったため、初球から厳しいコースをつけるかがポイントとなりそう。メットライフドームのマウンドに順応できたかも気になります。今日が来日初の公式戦登板です。

続いて涌井ですが、そのライオンズ戦こそ好投しましたが、他の2試合は3回3失点、4回4失点と苦戦しました。ライオンズと涌井の相性は、2018年は3試合で1勝2敗 防御率6.50、2017年は4試合で1勝1敗 防御率1.93、2016年は4試合で1勝2敗 防御率3.19と、ライオンズに分があります。昨年だけでいうと、涌井相手によく打っているのは外崎(9-6)、金子侑(3-2)、森(5-3)の3人です。一方で涌井を苦手にしたのは山川(9-1)です。今日の試合では、調子が上がってこない外崎が涌井を打てるかがポイントになりそうです。

ブランドンは意外とまとまっていた印象でした。木村がホームランを打っているので、その木村に期待です。

武隈、本田、小島の3人は一軍での先発の実績が少ないので、正直未知数です。特に小島はルーキーでプロ初登板になります。立ち上がりの初回に、金子侑、源田が出塁してプレッシャーをかけて一気に得点したいところです。

打撃陣

ライオンズもマリーンズも調子が上がってきていません。

マリーンズで注意すべきは、11-4,3本塁打のレアード、6-2,4四球のバルガスの2人です。彼らは6番、7番に入ります。また、その前を打つ4番の井上(13-1)、5番の角中(10-2)が調子が上がってきていません。この二人を塁に出すことになると対象失点に繋がるため、しっかりと抑える必要があります。

また、上位打線を打つ藤原(10-1)、岡(4-0)、加藤(11-2)については、起こすことなく眠らせたままにしておきたいところ。

一方ライオンズは、森と中村以外皆調子が上がってきません。何かきっかけを掴んでくれればと願います。

 

ライオンズは3連敗スタートしていますので、この3連戦は勝ち越しといきたいです。こちらの先発投手を見ると厳しいですが、マリーンズの先発投手も同じぐらい厳しいので、勝負になりそうです。

本拠地という地の利を生かして、勝利を掴み取ってください。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 越後獅子 19 ファンクラフ会員 より:

    今日はどうか。勝ちたいですが

     ただあまり目先の1勝に目がくらみ、中継ぎ失敗も嫌、本当に難しいですね。
     
     ベストメンバーが組めない今、あまり無理して欲しくないというのが本音です
     勝負はそこからです。