ホーム開幕三連戦三連勝!ニール、武隈、本田に勝ち星が付く(4月2日-4日)

2019シーズン

4月2日からのホーム開幕三連戦は、裏ローテの3人であるザック・ニール、武隈、本田が先発を担いました。どうなるか不安なところが多かったですが、結果は三連勝。3人揃って勝ち星が付きました。

ニールは来日初勝利、武隈は7年ぶりの先発勝利、本田はプロ初勝利と記録ずくめの3日間になりましたね。

この3試合は打撃陣が全試合で二桁安打を放ち、7得点、9得点、8得点と強力に投手を援護してくれたことが大きかったです。ニール、武隈、本田も持ち味を発揮してしっかりと役割を果たしてくれました。

4月2日 ザック・ニールの投球

5回まで無失点投球を続け、球数も少なく打たせて取るニールらしいピッチングをしてくれました。6回はヒットと四球でピンチを作って内野ゴロの間に1点を失ったところで降板し、後を受けた齊藤がランナーを返したため、結果2失点・2自責点となりました。

16個のアウトの内11個がゴロアウトと、らしさ全開でした。

4月3日 武隈祥太の投球

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップを万遍なく上手く使い、的を絞らせないいいピッチングをしました。中継ぎの時よりもカーブを多く使っていたでしょうか。上手く力を抜いた投球ができていたように思います(実は中継ぎよりも先発特性の方があるのか?)

ランナーを溜めて中村に一発を浴びたところはプロセスがよくなかったですが、全体としていいピッチングでした。

4月4日 本田圭佑の投球

本田は先発ローテーションの一角と言って問題ない素晴らしい投球を見せてくれました。カットボールに対してスイングしての空振りとチェンジアップに対してスイングしての空振りを見る限り、投手が勝っている感がかなりありました。

カットボールの時には相手打者はタイミングを外された空振りをしていました。おそらく、打者から見るとストレートのときと同じ腕の振りで球速差もあまりないので、ストレートとの見分けが付きにくいんだと思います。また、チェンジアップについては低めのボール球で結構空振りが取れていました。ですので、チェンジアップについては変化のキレがあったんだと思います。

本塁打を2発浴びましたが、それ以外はベストピッチだったんじゃないでしょうか。粘られて3ボールになっても簡単に四球を出さないところも良かったです。

 

来週、再来週はこの火曜からのカードは2連戦になり、いずれも楽天戦です。そのため、今週同様にニール、武隈、本田という3人が先発することはないので、どういうローテになるでしょうか。

例えば、火曜はニール先発(5〜6イニング)、残り3〜4イニングをリリーフ陣が担当。水曜は本田先発(3イニング限定)、武隈二番手(3イニング限定)、残り3イニングをリリーフ陣が担当という計画でも良いかもしれません。

まだ公式戦1試合の登板なので、3人とも今後どうなるかは分かりませんが、まさか現時点において3人とも計算が立ち、誰を起用しようかと悩むことになるなんて思いもしなかったですねえ。

 

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ

読了ありがとうございます。ポチッとお願いします。

コメント

  1. 越後獅子 19 ファンクラフ会員 より:

    嬉しい誤算です。3連勝は

     金子は軽傷と信じますが、シーズンは長い。ここらでメヒアというカードを切る、それはありでしょうし賛成です。レギュラーでないとメヒアは力を発揮できないですから

     表ローテにいい影響があることを祈ります