2018年10月22日 CSファイナル第5戦 ホークスの流れそのままに、2018シーズン終戦。

CSファイナル2018

昨日はCSファイナル第5戦。

第4戦も、ホークス打線の力を見せつけられたライオンズ。負けると終戦、この試合はウルフが先発である程度の失点は覚悟しなければならないので、いかに打線が得点できるかがポイントだと考えていました。

スタメンは以下となりました。

1番 秋山翔吾 センター

2番 源田壮亮 ショート

3番 浅村栄斗 セカンド

4番 山川穂高 ファースト

5番 栗山巧  レフト

6番 外崎修太 ライト

7番 中村剛也 サード

8番 森友哉  キャッチャー

9番 メヒア  指名打者

P   ウルフ

打順の大きな変更はありませんでした。中村は好きなのですが、もう負けられない試合なので、当たっていた木村と入れ替えてほしかった。

試合は、ほんとうに残念で、、5-6でライオンズの敗戦。これで、CS敗退となり、2018シーズンが終了しました。

この日のポイントは以下かと。

1回表、1番上林に2塁打を打たれた後、バント失敗で追い込んだ後の死球、そしてグラシアルのセーフティで無死満塁。この時は、選手、監督、ファンも皆、ホークスとの力・勢いの差を感じられずにはいられなかったのではないでしょうか。ほんとにいい野球をするなあと思いましたし、悔しかったです。(そして、この流れで3点で済んだのは救いでした。)

5回裏、6番外崎、7番中村、8番森と連続ヒットで1点を返し、なおも無死1、3塁。調子の悪かった中村、昨日怪我で交代した森がヒットを放ち、ライオンズに流れが傾いたところで、メヒアのショートゴロ併殺。辺りは良かったですが、流れを切ってしました。

③ ②の流れで、続く秋山が内野安打で出塁し、源田への5球目、スチールするも2塁でアウトに。リプレイ検証で、ファン、テレビの実況解説もセーフだと思うようなタイミングにも関わらず、判定はアウトに。この場面のことは、向こう10年は忘れないでしょう。セーフとなれば一打同点、源田が歩いて浅村で一気に逆転まで見えたところだったので、この判定は非常に大きかったです。

④ ③の流れで迎えた6回表、先頭の柳田に本塁打を打たれ、2点差になったところ。ああこういう流れだよなあと。

その後、浅村や中村のホームラン、秋山、外崎のスーパーキャッチなどで意地を見せる場面も、ホークスには追い付けず。やはり、ホークスは強かった。少なくとも、他チームとの対戦であれば、昨日の流れならライオンズが勝ち越していたと思います。

ライオンズは、これまでレギュラーシーズンで優勝して、CSで敗退という経験はありませんでした。(そもそも優勝から遠ざかっていたので)

ホーム最終戦セレモニーでの辻監督の涙、辻監督の人柄を考えると、選手の皆さんは監督に情けない思いをさせて申し訳ない、来年は絶対にやり返したいと思ったのではないでしょうか。

数年前、今は渡米してしまった牧田が、妥当ホークス、ホークスに勝たないと優勝はないと口にしていたように、来年は皆がホークスを絶対倒すんだという姿勢を見せてほしいです。

した。チームの調子もよく、リーグ優勝。嬉しくて、ブログにまとめたいなと思わせてくれた1年でした。

ライオンズの皆様、1年間おつかれさまでした。

 

今日からオフシーズンになりますが、今シーズンの結果、ストーブリーグのこと、来シーズンに向けたことなど、これからも定期的にブログに書いていこうと思います。

※TOP画像はライオンズ公式ページから拝借しております。

コメント