2018年10月20日 CSファイナル第4戦 勢いづいたホークス打線を止められず、王手をかけられる…

CSファイナル2018

昨日はCSファイナル第4戦。

第3戦で、ホークス打線を完全にのせてしまって迎えたこの試合。先発の今井が如何にホークス打線を抑えるかが、勝利への鍵と思っていました。

スタメンは以下となりました。

1番 秋山翔吾 センター

2番 源田壮亮 ショート

3番 浅村栄斗 セカンド

4番 山川穂高 ファースト

5番 栗山巧  指名打者

6番 中村剛也 サード

7番 森友哉  キャッチャー

8番 外崎修太 レフト

9番 木村文紀 ライト

P   今井達也

金子侑司がスタメンから外れ、木村がスタメンライトで起用されました。

試合は、残念ながら、、2-8でライオンズの敗戦。

当日ブログにまとめるのも辛い、痛い一敗となってしまいました。

この日のポイントは以下かと。

①1回表、3番グラシアルを四球で歩かせ、続く柳田に2ランホームランを打たれたところ。今井は、明石、上林と抑えたもののストレートは高く、変化球もうまくコントロールできておらず、そこを柳田に一発で仕留められた。

②1回表、5番デスパイネの打席で、空振りしたバットがキャッチャー森の左手首に直撃。これで森は負傷交代に。先制されたことに続き、森の負傷交代と、重苦しい雰囲気に。

③2回表、中村晃、内川を上手く打ち取った後に、8番西田にセフティーバントを決められ、9番甲斐に2ランホームランを打たれたところ。これで0-4となり、かなりホークス有利の展開となってしまった。

④3回裏、先頭の8番外崎が2塁打で出塁し、続く9番木村が左中間に2ランホームランを放つ。これで2点差になり、いけるという雰囲気に。

⑤5回裏、先頭の8番外崎がヒットで出塁し、続く9番木村が犠打を決め1死2塁、1番秋山、2番源田を迎えたが、決定機に一本が出なかった。

⑥6回裏、先頭の3番浅村がヒットで出塁し、4番山川が四球を選び無死1、2塁のチャンス、ここから栗山、中村、岡田(森に代わって出場)が連続で倒れ、無得点に。5回、6回で得点できなかったのが痛かった。

試合を決定付けたのは7回表の4失点かもしれませんが、いずれホークス打線には打たれ少々の失点は覚悟しなければならないので、中盤で追いつく、勝ち越すができなかったのがこの日の試合を決めたと思います。

個人的には、今のホークス打線をホームラン2本の4点で抑えた今井は、持てる力を出して頑張ってくれたのではないかと思います。もちろん、将来は今のホークス打線でも圧倒できるような投手になってもらいたいものですが。

 

これで、ホークスがCS勝ち抜けに王手をかけました。正直、今の両チームの勢いを考えると、ライオンズはかなり厳しいと思いますが、まだ試合はありますし、2連勝できないわけではありません。

レギュラーシーズン優勝した自信を持って、今日、明日の試合、なんとか勝って日本シリーズに進んで欲しいです。

頑張れライオンズ!

※TOP画像はライオンズ公式ページから拝借しております。

コメント