2018年10月18日 CSファイナル第2戦 多和田が5失点するも、山賊打線が爆発し打ち勝つ!

CSファイナル2018

本日は、CSファイナルステージ第2戦。

昨日エース菊池で初戦を落としてしまったので、今日は勝って流れを呼び戻したいところ。逆に今日も負けてしまうとかなり嫌な流れになり、ずるずる行ってしまうことも考えられます。

先発はレギュラーシーズン最多勝の多和田。スタメンは以下の通りとなりました。

1番 秋山翔吾 センター

2番 源田壮亮 ショート

3番 浅村栄斗 セカンド

4番 山川穂高 ファースト

5番 栗山巧  指名打者

6番 中村剛也 サード

7番 森友哉  キャッチャー

8番 外崎修太 ライト

9番 金子侑司 レフト

P   多和田真三郎

栗山をレフトで起用し、指名打者にメヒアを起用すると予想していましたが、外崎をスタメンで起用しました。まだ試合勘を取り戻せていないので、長く試合に出て多くの打席に立ち、一刻も早く調子の良い外崎に戻ってほしいですね。

 

試合は、13-5で勝利。2勝1敗でライオンズ1勝の勝ち越しとなりました。

今日の試合のポイントとなったのは打線の奮起と多和田の粘り強い投球だったと思います。

具体的には以下かと。

①1回表、抜群のコントロールで相手打線を寄せ付けず、さくっと三者凡退に抑えて攻撃への流れを作った多和田の投球

②1回裏、2死1、2塁のチャンスで、際どいボールを見送り(5球目の外高めのストレートなんて本当によく見たなという感じ)、最後に甘い球を一発で仕留めた栗山の勝負強い打撃

③2回裏、3対3に追いつかれた後に、先頭打者の森が初球ヒットで出塁し、いけるという雰囲気をすぐにつくったこと(この回、源田のタイムリーと浅村の3ランで計4点を追加)

④試合全体を通してボール球に手を出さず、しっかりと見極められていた。これは、昨日のバンデンハークのときからもそうで、とてもいい傾向と思います。(レギュラーシーズン中も、終盤のホークス3連戦など大事な試合では各打者がめちゃくちゃ集中してボール球に手を出さず、優位に攻撃を進めていました。)

 

結果は6回5失点でしたが、1回はパーフェクト、4回以降は立ち直り危なげない投球を見せてくれた多和田の今日の投球の内訳は以下です。

・ストレート:53球(51.0%)  Max149km/h、Ave144.0km/h

・スライダー:28球(26.9%)

・フォーク:15球(14.4%)

・カーブ:8球(7.7%)

前回はファイターズ戦でしたが、ストレートの割合が10%も減り、その分フォーク、カーブの割合が増えました。これは、郭が落ちる変化球でホークス打線を抑えていることも踏まえ、バッテリーが縦の変化球を増やしたのかもしれません。ちなみに、前回はストレート比率が60%を超えていました。(前回記事は以下)

2018年10月1日 埼玉西武vs北海道日本ハム 23回戦
優勝から一夜明けて迎えて今日の試合、選手は記者会見、祝勝会(ビール掛け)、インタビューと深夜2時頃まで対応していたので、疲れが見えるのではないでしょうか。 今日の試合からは、タイトル獲得、個人成績目標達成に向けた取り組み、若手選手など...

 

ヒーローとなった源田、浅村、栗山は昨日から引き続き好調で、秋山にもヒットが出たので明日からのっていけそうです。あとは中村の一発や外崎にもヒットが生まれてほしいです。

 

ライオンズは千賀を得意にしているので、明日は榎田がシーズン同様に粘りの投球を見せてくれれば連勝できるのではないでしょうか。それでも4点くらいは奪われる気がするので、打線にはそれ以上の得点を期待したいです。千賀はCSファーストステージで投げており、中4日での投球です。前回登板ではいい投球をしていたので、出鼻を挫き今日もダメなのかという印象を与えるためにも、初回の攻撃から一気に行きたいところです。

明日も頑張れ、ライオンズ!

 

※TOP画像はライオンズ公式ページから拝借しております。

コメント